琵琶湖、この一週間の傾向@9月14日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど

この一週間の琵琶湖は激しい雷雨があったり強風が吹いたりと、天気の変化が大きい週でした。瀬田川洗堰の放流量は50→70→50→250→28とこまめに調整されており、今週の水位変動は-28cmから-33cmと±5cm程度の変動となっています。今日14日、8時30分現在の放流量は28t。水位はマイナス33cmです。


南湖の状況ですが一番人気は木浜エリアで平日でも船団ができています。各ガイドさんや一般アングラーのお話しを聞いていると、ショアラインに近いインサイドから沖のチャンネルライン、浚渫エリア、フラットエリアなど様々なシチュエーションでサイズ問わずであれば釣れているようですが、各スポットともバスが集まっているスポットがあるようで、そこを見つけれたら短時間で数釣りが可能で、バスが薄いスポットではポロポロと釣れるという状況のようです。ルアー的には天気や風、濁りにもよりますがI字系各種(プラグ&ワーム)からダウンショットやネコリグ、ノーシンカーなどのライトリグ、巻物ではシャッド、ミノー、スピナーベイト、チャター等での釣果を耳にします。

 

現状では南湖でビッグサイズを狙って複数釣るというのはなかなか難しいようですが、その代わりに木浜エリア、堅田~山ノ下など南湖北エリアではレギュラーサイズまでの反応は良くなってきています。現在人気のI字系ですが条件が合わないとなかなか表層付近では食ってこない日もあるようなので、表層がダメなら中層~ボトムも狙ってみて下さい。

 

image