琵琶湖、この一週間の傾向@8月17日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど

この一週間の琵琶湖、週明けは普段と変わらずでしたが台風10号影響により状況はかなり変わりました。琵琶湖の水位は今日17日9時の時点でマイナス9cm、瀬田川洗堰の放流量は250t、台風前から約20cmほど増水しました。各流入河川からは濁流が本湖に入り、特に南湖西岸は台風の東風強風の影響もあって広範囲で濁りが入っているようです。また水温は台風前に比べて各エリアで2~2.5度ほど低下しています。ただ、たまらんばい永野ガイドの情報によると赤野井、木浜、堅田周辺に関してはエビモやカナダモなどのウィードは特に飛ばされる事もなく、見た目は台風前とほとんど変わらず、ベイトフィッシュのポジションも変わっていないようです。台風前からの変化は【増水】【濁り】【流れ】【水温低下】など、この変化が釣果にどう影響してくるでしょうか。

 

現在、南湖西岸の浮御堂前など一部のエリアで流木やゴミなどの漂流物があるようです。今後は風向きや湖流の影響で広範囲に広がる可能性がありますので、ボートの航行はくれぐれもご注意下さい。