琵琶湖、この一週間の傾向@7月26日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど

今週の琵琶湖は週前半は雨、24日水曜日に梅雨明けとなりその後は最高気温が30度を超える真夏日、昨日25日は夕立が降るなど目まぐるしく気候が変わる一週間でした。琵琶湖の水位は7cm前後の増減となっており、今日26日8時30分時点の水位はマイナス17cm、瀬田川洗堰の放流量は300t。

 

南湖の状況としては放流量300tが数日続いている影響もあってボディウォーターラインを中心に比較的クリアアップしていますが、赤野井沖に関しては今週も藻刈りの影響で下物にかけて濁りが広がっているようです。ウィードが少ないと言われている今年の南湖ですが、ここにきてエビモ・カナダモ系が徐々に成長しています。とは言え近年の琵琶湖にしてはかなり少なく数年前まで生い茂っていた所がまったく生えてない・・・という感じである場所、無い場所がハッキリ分かれています。

 

南湖の釣果に関しては正直厳しい状況が続いてはいますが、西岸のカナダモエリアを中心にジグやノーシンカー、パンチショット等で釣果が出ています。濁りが入ればクランクベイトやチャターなども有効で、ビッグベイトで良い釣りをしているアングラーもいます。気になるトップ系の釣りは釣れて無くはないものの、1日の中でタイミングが非常に短く、それを外すと見た目最高の状況でもノーバイトという事もあり得ます。各ガイドさんに話を聞いているとトップで反応がある時は概ねそのエリア内で頻繁にボイルが発生しているようなので、エリアを選ぶ基準としては「ベイトが居るか?」「ボイルが発生しているか?」を目と魚探でチェックして静かなら深追いしないという感じです。

 

あと今年の傾向としてはウィードの釣りに関してはカナダモ系はそれなりに安定しているものの、エビモ周辺での釣りがイマイチ釣れていない印象です。エビモで良い釣果を出している人は比較的流れの当たるスポットに生えるエビモを狙っている傾向があり、木浜や下物~志那などのインサイドに生えるエビモはイマイチ魚が付いていないようです。エビモ狙いをされるアングラーは「流れ」を意識しながら狙ってみてはどうでしょうか。


梅雨明けした琵琶湖、明日27日土曜日は雨マークがでているものの、日曜日以降は天気も安定して30度を超える日が続くようです。いよいよ本格的な暑さになってきたので外出される際は熱中症は日射病等、くれぐれもご注意を。