琵琶湖、この一週間の傾向@4月19日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど


テーマ:

この一週間の琵琶湖はようやく春らしい気温が続き水温も先週に比べて大幅に上昇しました。


2019/04/12(金)

[05:30]曇り/弱風
気温 6/小潮
水温 瀬田川 12.8
琵琶湖大橋 11.5
安曇川沖 9.4
5点平均水位 +3


2019/04/19(金)

[05:15]曇り/微風
気温 13/大潮
水温 瀬田川 15.1
琵琶湖大橋 13.7
安曇川沖 11.1
5点平均水位 +5


琵琶湖周辺の田んぼでは代掻きが始まっている所もあり、その影響で河川や水路周辺では濁りが発生している所もあります。ただ南湖全体的にはまだまだクリアな状況が続いています。水位は先週に比べて2cm上昇し、19日朝の時点でプラス5cm、放流量は45tです。

 

南湖の釣果としては【良いサイズを複数釣っているガイドさん、アングラーはいる】と前置きをした上で言うと今週は正直かなり難しい状況となっています。水温が上がり水位もプラスになりウィードの新芽も生え始めているという一見良さそうな条件が揃っているように感じますが、実際はバイト優先の食わせの釣りをしても少しでもスポット、タイミングがズレるとバイトが無いという感じです。

 

スタッフがロケで湖上に出ていて周囲に10艇以上のボートが浮いている状況で見ていてもロッドを曲げている人をほとんど見かけないという事もあります。水の透明度か?プレッシャーか?ウィードが無いからか?大潮だからか?ハッキリした原因は解りませんが少なくとも今週は18日の木曜日の時点ではかなり難しくなっています。ただ今日は大潮2日目という事でもしかすると魚が動いて今まで反応が無かったエリアに魚が入ってきたり、食い気が無かった魚が食うようになったりという可能性もあります。もちろん今まで釣れていたスポットが無反応になる事も・・・。

 

釣り方としてはボトム系が優勢でジグ、テキサス、フリーリグ、ダウンショットなど。巻物ではスイムジグやアラバマ系での釣果が目立っています。ただザックリやってバイトが多発するような簡単な状況ではないので魚探映像などを見て良さそうなスポットを絞ってルアーローテーションしつつ粘るか?自信のあるルアー・リグに絞って広範囲を探っていくか?どっちにしてもやりきった方が良さそうな感じがします。

 

 

 

brushさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ