琵琶湖、この一週間の傾向@3月30日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど


テーマ:

この一週間の琵琶湖は26日の火曜日午後から28日の木曜日まで爆風が続きました。それに伴い南湖の各エリアでは濁りが発生している所もありますが雨後のような強い濁りではありません。早朝の気温が1度近くまで下がった日もあったため水温は一時的に下がったりもしましたが、29日の時点では南湖は概ね10度~12度ほどとなっています。雨量も少なかった事から水位の大きな変動は無くマイナス1cmからマイナス4cmの上下動となっています。30日9時30分現在の水位はマイナス4cm、洗堰放流量は56tです。


今週は爆風が吹く日が多く各ガイドさんも中止にされたり早上がりされたり、釣りは出来てもエリアが限定されたりとなかなか大変な週となりましたが、29日には風もおさまり気温も上昇。釣果に関してはまだまだ低水温という事もありバイトの数は少ないですが、良いエリア・良いスポットで良いタイミングに当たればビッグフィッシュを連発というアングラーもいます。現在の南湖では大きく分けると3つの釣り方が主流となっています。

 

1つめは濁りが入るエリア・スポットでの巻物。ルアーとしてはバイブレーション、クランク、スピナーベイト、ミノー、シャッドテール系の各リグなどです。ただ基本的に南湖はクリアな状況が続いているので前日の風向きや雨の有無などを考慮して濁りのあるエリアを探す必要があります。また濁りがとれるスピードも速く、午前中は濁ってたのに午後にはクリアに・・・という事も多々あるようです。

 

2つめは浚渫エリアに絡むディープと沈船やエリ跡、魚礁でのボトムの釣り。ここ最近は浚渫エリアの掘り残しのハンプの上でもバイトが増えてきましたが、ガイドさんによってはまだ5mより深いレンジのスポットを狙っている人もいます。ルアー的にはラバージグやフリーリグ、ネコリグやダウンショットなどのライトリグで、良いスポットには頻繁に魚が回ってくるようで、回ってきたらバイトが出てピークを過ぎたら数時間ノーバイトという状況も多々あるようです。スポットの絞り込みが難しく簡単に出来る釣りではないですが、人の少ないロープレッシャーのエリアでビッグフィッシュを連発できる可能性がある釣りでもあります。


3つめは「浮いてるバス」を狙う釣り。今月に入りミドストやミノーでの釣果が目立つようになってきましたが、特に今週の後半はバスが浮いてる傾向が強くなり、ボトムでどんなに丁寧に狙っても反応がないのにミドストやミノー、軽いスイムジグで中層を通すとバイトが出るという事も多々あります。中層の釣りはレンジコントロールが難しくなかなかやりきれない事もありますが、SPミノーであれば比較的簡単にレンジをキープできるので、試してみる価値はあるかも。

 

brushさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ