琵琶湖、この一週間の傾向@3月16日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど


テーマ:

キープキャストが終わり、いよいよ春本番の雰囲気になってきた今週の琵琶湖。雨もそれなりに降りましたが13日は強い北西風が吹き春の嵐となりました。これに伴い水温は南湖・北湖とも1~1.5度ほど低下しました。水位は今日16日8時の時点でマイナス4cm、先週の土曜日から14cm増えました。洗堰放流量は33t。


今の琵琶湖で釣りをする上で一番のキーとなっているのが「クリアアップ対策」この冬は琵琶湖周辺や山間部でも降雪・積雪が少なく、例年に比べて雪解け水も少なく基本的に透明度が高い状況が続いています。今週13日の爆風で濁りが入る事を期待した人も多かったですが、15日時点では東岸の河川や水路、ワンド内など一部のエリアを除きあまり期待したほどの濁りは入りませんでした。15日はBRUSHスタッフが湖上に出ていましたが、木浜沖や烏丸半島沖では若干の濁り、大津港前はクリア、ディープホール周辺では多少濁りはあるものの概ねクリアという状況です。

 

釣果に関してもクリアな水の影響が出ていて巻物ではミノーやアラバマ系など比較的クリアアップに強く、ゆっくり、もしくは中層で止めれるルアーの方が有効のようです。バイブレーションやクランクは一部濁ったエリアで釣果は出ていますが、南湖全体で見ると有効なエリアはかなり少な目です。ボトム系は下物浚渫や木浜浚渫、西岸各所のミオ筋などの地形変化で釣果が出ていて、テキサスリグ、ラバージグ、フリーリグ、ミドスト(ボトム付近)で釣っているガイドさんが多くいます。

 

brushさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ