新年あけましておめでとうございます。本年も可能な限り「琵琶湖、この一週間の傾向」を更新していきますので、よろしくお願い致します。

 

この一週間はちょうど年末年始のタイミングとなりました。場所や時間帯によっては時雨れたり風が強かったりましたが、大晦日~三が日にかけては大きな天気の崩れはなく、琵琶湖南部の平地では雪も降ることなく比較的過ごしやすい週でした。特に元日は朝から天気も良く琵琶湖各地で初日の出が見れました。

 

琵琶湖の状況としては年末に多少放流量の変更はありましたが、水位に関しては31日の朝9時で-41cm、今日4日の朝9時で-40cm、この三が日もプラスマイナス2cm程度の増減で大きな変化はありませんでした。4日朝現在の放流量は78tです。


釣果に関しては2日から始動されたガイドさんも多くSNSでは初バスの写真が多く掲載されていました。ルアー的にはクランクベイト、シャッド、ミノー、メタルバイブ、スイムジグ、アラバマ系など巻物が中心ですが、北湖ではジグやネコリグなどのライトリグでのボトム系の釣りでも釣果が出ています。水温は南湖の低い所では6度前後まで下がっている所もあり、いよいよ真冬という状況になってきました。ただ週間予報ではこの先一週間はスッキリしない天気が続くものの気温は若干高めの予報となっており、水温に関しては下げ止まりになるかもしれません。

 

今からの時期は強風で荒れる日が多くなります。釣行の際は事前に天気予報をよく確認し、当日の天気の変化も常に気にして早め早めの行動をお願いします。またボートで釣りをする際のライフジャケット等の救命具の着用は当然ですが、なかには腰巻タイプの救命具を着用されているものの上着で覆って隠れてしまっている方もみられます。万が一の際に正常に機能しない可能性もありますので、着用方法の確認もお忘れなく。