この一週間の琵琶湖はこの時期らしい冷え込みが続きました。比良山系や湖北では降雪もあり徐々に冬の気配が強くなっています。水温もかなり下がり、朝一の南湖南エリアや瀬田川では10度を下回る日も出始めています。琵琶湖の水位は15日10時の時点でマイナス51cm、放流量は72tとなっています。

 

ここ最近は常にある程度の放流量がある影響でクリアアップするエリアが増えたり濁りのポジションが変わったりと、日に日に状況は変化しています。今後も「流れ」「風」「雨・雪」次第で状況はガラっと変わりそうです。

 

釣果に関しては大きな変化はないものの今週はクリアアップの影響もあり南湖ではバイブレーションでの釣果は下降傾向、代わりにメタルバイブやミノー系での釣果が徐々に増え始めてきました。メタルバイブをやっている人はチャンネルラインの深い側や浚渫・ミオ筋などの地形変化を絡めたスポットでバスが集まるスポット、ミノー系は残りウィード周辺やストラクチャー周りで浮いているバスを狙っているようです。

 

OSGSおくむらガイドは14日のテスト釣行で数釣りを優先して50本以上釣ったそうでエリア・スポット・タイミングが合えばまだまだこういう釣りが出来るようですが、12月の半ばという事で基本的には1日やって数バイトというのが現状です。その少ないバイトを逃さないためにも身体の充実は不可欠。防寒対策・雨対策を完璧にして冬の琵琶湖へお越しください。