この一週間は雷雨や夕立があったものの、琵琶湖全体としてはそれほどまとまった雨量にはならず、引き続き減水が進んでいます。先週この記事を書いた金曜日朝の水位はマイナス30cm、一週間後の今朝の水位はマイナス35cmと更に5cm下がりました。濁りに関しては北湖は一部のエリアを除いて回復傾向で、かなりクリアアップが進んでいます。南湖も北エリアは比較的クリアな所があるものの南エリアに行くほど濁りが強く、前日の風向きなどで濁りの広がり方が変わります。昨日16日は午後から南寄りの強風、今日17日は朝から北寄りの強風が吹いているので、濁りの状況も変わってきそうです。


釣果の傾向も先週から大きな変化は無く、南湖では浚渫や地形変化などを絡めたミドル~ディープで単発ながら良いサイズが出たり、2~2.5mラインのカナダモエリアではチャターやスピナーベイトなど、3~4mラインではマグナムクランクなど巻物でも釣れていますが、どちらも単発傾向です。平均的な釣果も1人で1日釣りをして0本から3本ほど。例年この時期なら普通の釣りをしていればあす程度反応はあって、サイズアップを狙うにはどうすれば良いか?と悩む事はあってもノーフィッシュで悩む事はほぼ無いといってもいいぐらいなので、この夏の難しさは特殊な状況だと思います。ただ今後この状況が続くとは考えにくく、たまたま今年がこういう年回りになっただけだと思いますので、今年の残りの夏は難易度の高い琵琶湖でいかに納得の1本を釣るか?という真冬の釣りのような楽しみ方をした方が良いかもしれません 笑。ただ釣る人は釣っています。ホント凄い!