今週の琵琶湖は30度を超える日あったり大雨が降ったり夕立あたりと、天候的にかなり不安定な一週間でした。水温は南湖の沖に関しては24度前後から26度台である程度安定しています。ただ釣果的には不安定な状況が続き、ビッグフィッシュを連発している人もいれば、ノーフィッシュの人もいというかなりメリハリのついた感じになっています。

 

南湖は場所によってブルーギルが集まってギルバイトもそれなりにある・・・というエリアもあれば、ハスなどのベイトフィッシュが大量に入っているエリアもあり、そういうエリアを見つければ後はタイミング次第・・・という状況ですが、逆に言うとそういうエリアに出会えないと、ライトリグでスローな釣りをしてもバイトが無いという事になります。

この流れは先週からあまり変わっていません。

 

人気エリアとしては西岸のチャンネルライン、チャンネルに隣接するカナダモ、六本柱南、下物浚渫などで、全体的にはスローな釣りの方が優勢ですが、ベイトフィッシュや濁り、タイミングなど上手くハマれば巻物でも釣れています。またスローな釣りといってもボトムべったりだと食わなかったりするようで、状況に応じてウィードトップなど少し上もチェックする必要があるようです。下物浚渫エリアに関してはかなりエビモも伸びてきていますが、まだ水面まで出るまではいっていません。