この一週間は強風や雨もありましたが、気温はそれなりに高く急激に水温を低下させるような要因にはなりませんでした。南湖はエリアによっては濁りが入っており、西岸は各所で赤潮っぽい水質の所も見られるようです。

 

釣果に関しては、この一週間はボトムの釣りを中心にサイズ・数ともに出ています。2.5~3mラインのハードボトム、下物・木浜の各浚渫などが中心ですが、下物浚渫エリアでは4mよりも深いディープでの釣果も聞きます。巻物に関しては赤野井や下物、志那。北山田など東岸一帯のショアラインでシャロークランク、スイムジグなどの釣りが有効のようです。

先週末から今週にかけては南湖では30cmクラスも数が釣れ始めており、ようやくバイトが多い季節になってきましたが、まだ水温は16度台とそれほど高くないため、ゴールデンウィーク頃には本格的に数釣りも楽しめそうです。

 

北湖はシャローに魚は入っているものの、タイミングや条件が合わないとチェイス止まり・・・という状況のようです。北湖がメインのガイドさんも今週は南湖でのガイドが中心となっている事からあまり良い状況とは言えないいかも。ただ、その分プレッシャーが減ってバス探しの楽しみはありそうです。北湖で釣りをする際はいつも以上に天気予報をよく確認し、当日の天気を気にしながら、無理のない釣行をお願いします。