この一週間は一気にに春が進んで暖かい日が多く、最高気温が20度を超える初夏を思わせる日もありました。それに伴い琵琶湖の水温も上昇し、北湖では表層水温が10度台、南湖では11~12度台、北湖の河川内では15度まで上がっている所もありました。ただ、今日16日の雨の影響で、場所によっては一気に水温が下がっている所もあるようです。

 

南湖の釣果としては巻物に関してはスイムジグやクランクベイト、ボトムの釣りはジグやTXなどが中心で天気や風の有無で釣り分けをされているようです。南湖南エリアの表層水温が上がってきた事もあり、人気エリアとしては六本柱南やディープホール周辺、浜大津など。南湖北エリアは赤野井沖や木浜沖のフラット&浚渫などが好調です。北湖に関してはミドル~ディープレンジが中心ですが、河川やワンド内などのシャローでも釣果を多く聞くようになってきました。

 

ここ最近の暖かさで体感的には完全に春になっていますが、来週はスッキリしない天気が続き、日によっては最高気温が一桁もあるようなので、まだまだ不安定な状況は続きそうです。ただエリアによっては既にスポーニングが始まっているとの話も聞くので、各レンジのチェックが必要になりそうです。