Chocolate perfume ~ チャンミンセンイル | しむラテice

しむラテice

絶対的存在感ユノユノ最強超絶おっとこまえシム。
ふたりのLove Story綴ってます

Kissとハピエンの詰まったお部屋です♡



「 お疲れさま~  あ、おっ疲れ元気だった~?

 俺?元気 ‪w‪w  」


エレベーターが開く音と同時に急に部屋の外

が賑やかになりここまでよく聞こえてくる




くすくす。


『 彼が来るとぱっと明るい感じがしますね

  とても賑やか 』


「 · · · すみません 賑やか過ぎ · · · · 」


『 いえいえユノさんのイメージ通りですよ 』


「 はぁ · · · 」


ライターの女性と会話しながらも心は

ぱたぱたと近づいてくる音に関心が高まる




─── ガチャ !


「 チャンミン 今日こっちなんだって · · · ぁ 」



『 お疲れさまです 』 くすくす。


「 ユノ、ノック · · · 」


「 失礼しました ー! · · · 俺また後で · · ·  」


『 どうぞ~もう撮影機材かたしてたところ

  なんで。私は帰って急いで編集にかかります

  から 』


うふふ。 なんて漫画ならふきだしに付いて

そうな可愛いものを見るような目線に内心

うんざり



彼はそんなに可愛いくはないよ


「 今日は誕生日の?」


ほら。その人懐っこい笑顔で人との距離を

一気に縮めてく 。僕が少々苦手とするところ








『 ええそうです先日誕生日を迎えた

  チャンミンさんの最近興味を持ってるもの

 や抱負なんかを3ページで予定してます 』


「 そう、楽しみにしてます あ。エレベーター

 まで荷物持ちますよ 」


彼女が持ち上げる前にさりげなくユノは

荷物を肩にかける



『 そんな、お気遣いなく仕事ですから 』‪w


「 頼もしいなぁじゃ、入り口まででも 」


なんてふたりの会話をにっこり作り笑顔で

眺めて僕は内心溜め息を漏らす


「 ところで · · · この部屋入って思ったんだけど 」


ユノは思い出したように宝物でも探す素振り

で楽しげに辺りを見回した


「 · · · なんですか?」


「 甘くて美味そうな匂いがする~ あ、あれだ

 チョコレート? 」


そう言いながらくんくん。なんて僕の口もと

まで顔を近づける

そのままその紅く熟した唇で僕の唇に触れる

つもり?


僕らの距離はそこまで近づいても周りから

は違和感がない · · · おかしいと思わない?


「 そうですか?いいえ · · · 食べてませんよ 」


口を開けてみせると貴方は 「 だな 」 と

じっと口の中を視てきょろきょろきょろと

視線を巡らした


「 ああ · · · たぶん、あれだ 」


『 あ、んふふ 。』


鞄から取り出し見せた僕の親指と人差し指

に挟まれたアトマイザーを興味深げに覗き

こむ姿がいちいちあざとい


「 ん?香水かな?」


「 ええ ライターさんから " Chocolate " に

 合わせていただきました 」


『 さっき手首につけたその香りですね 

  チャンミンさんの甘い雰囲気に合って素敵

  ですよ 』


「 うんいいね 俺もそう思う 」


ユノはそう言いながらナチュラルに僕の

手首を持ち上げくんくん。と匂うまねして

上目遣いでじっと見詰める · · · · 人前でも

平気でするのが貴方だ

どうやってその手を離したものか思いめぐ

らせているとふっと唇が笑い貴方から手を

離される


「  · · · · · · ·  」



残された腕が宙に浮いて心許なく見えた

 · · · 毒されてる?



『 では私はこれで。今日はありがとう

  ございました お疲れさまです 』


「 お疲れ様でした よろしくお願いいたします」


「 楽しみにしてます 」





─── パタン 、
 

遠ざかる足音に耳をそばだてながらお互い

の目があった


「 · · · · わざとでしょ 」


「 え?何がぁ?人聞き悪いこと言わないの 」


「 あのライターさんのユノを見る目が甘々

 だったの気づいてたくせに 」


「 んふふ 」


本当はこんなノックを忘れるようなうっかり

なタイプでもない

可愛く天真爛漫なわけでも。


「 で、これなんていうの?」


僕からアトマイザーを取り上げて反対側の

手首にワンプッシュされると大人っぽい

洋酒が入ったガナッシュの香りが辺りに

広がる


「 モンタルのチョコレートグリーディ · · · 」


「 んふふ " 食いしん坊さん " 。なるほどね

 チョコレート好きの食いしん坊さんか

 まさにチャンミンだ 」
 

「 そう?」


くん。


「 やっぱり甘い匂いチャンミン美味そうだ 」


強く握られた手首をユノの唇が目の前で

見せつけるように這う
 

「 · · · お腹すいたの?」


こういう時の貴方は大半が僕の慌てた顔を

みて楽しんでいるだけだ

昔のように思惑通りになるのも癪に障るから

最近はクールフェイスで返す


「 ん~、そうでもない。けどこの甘い香りに

 そそられるね · · · · あ、 」


「 · · · なに? 」


「 知ってる? 香水って温度やpH によっても

 香り立ち違うらしいよ · · · チャンミン、今

 俺に触れられて体温上がったろ 強く香った 

からわかったよ 」 くくく。


確信を得たような強い視線が僕を射る


「 気の所為じゃない? 」


心臓がざわざわと騒ぎ始めると呼吸が微か

に乱れ出してまずいななんて思う

それを見逃す貴方じゃないし


「 · · · チャンミン、お前を食べたい 」


「 ユノ 、なにいってるか · · · 」


「 大丈夫。ベッドへ誘ってるわけじゃない

 から、キスをせがんでるわけでも · · · · 」


· · · · カリリ、


ユノはそう言って視線を強く捕らえたまま

僕の人差し指を噛んだ


「 ぁ · · · · っ、」


軽い痛みと共に全身に甘い痺れが走る


「 食べて俺の一部になってしまえばいつも

 俺たち一緒じゃん」


「 · · · 発想が相変わらず大胆ですね。

 で、ここで? 」


じわりじわりとかかるユノの体重に · · · 

心地よささえ覚え始める僕。


本当は一度だけ触れたユノの素肌が頭から

離れなかった


─── チウッ · · · · 


「 · · · · やっぱり誘ってる 」 


くす。


「 ううん、違うよ今からお前食べんの 」


部屋の内鍵に手をかけシャツの釦をひとつ

ひとつ外してくユノを僕は黙って見詰める


そして貴方は薄皮の果実のような唇で僕の

下唇を挟んで弄びながら囁くように呪文を

となえた


「 大丈夫、何も考えないでしたいと思う

 通りにしてればすぐ終わるから 」 


「 また · · · そう言って · · · 、ん 。ユノ · · · 

 知らないよ 」


「 ほら · · · また香り強くなったよチャンミン

 美味そうだ · · · 」


くすくす。


「 言ってろ 」









ラストノートは官能的なSWEET&BITTER

なチョコレートの香り ───









  







  

 
      Good night darling … Chu  ✩。✧*。 






  

    

       今夜もCiao.Ciao !! な応援ありがとう
       ございます ✨
       Changmin ハピバ シャンパンロゼワインバースデーケーキ 
       今年はちょっと遅れてのお話… 
       テーマ " Perfume " でお届け

        にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
        にほんブログ村

        
        東方神起ランキング

      
      少し前に雑誌で田中みな実さんが好きな
      作家さんについて話されてまして …
      
       " あなたを食べたい ベッドへ誘ってるわけ
       じゃない キスをせがんでるわけでも " 

       的なフレーズが … うら覚えですみません
       ( 好きな方からしたら失礼な話です)
       とても頭に残りまして引用させていただ
       きました