松下通信を支えた50人:パナの大きな壁 | 松下通信を支えた50人
新型コロナウイルスに関する情報について

松下通信を支えた50人:パナの大きな壁


20101月某日1

年が明け、約束の日に中松氏はやって来て珍しくプライベートな話を始めた。

「こう見えても結構仕事が入っていまして時間に追われている毎日なのです。ところが今年の正月はぽっかり休みが取れまして、久しぶりに家族で実家の仙台へ行ってきました。」

原田は、家族のことを聞くべきか仙台のことを聞くべきか迷った後で、結局、話題にしやすい仙台のことを聞くことにした。
「仙台はどの辺ですか。」

「実家は泉区にあります。比較的新しい街で、仙台駅から車で30分ほど、地下鉄も走っています。」

「泉区なら松下通信仙台研究所のあったところです。今は何と呼んでいるのか忘れましたが、仕事の関係でよく行きました。仙台にはかなり思い入れもあるのです。駅近くの国分町界隈は独特の雰囲気ですね。」

しばらく仙台の話が続いた後で、中松氏の方から話題を切り替えた。
「昨年は、松下通信が何故解体されたのかという話になりましたが、いろいろ調べさせていただき、当時の松下電器本社と松下通信の関係が少しわかり始めました。まだまだ確認しなければならない点が出てきそうです。」

一息おいて中松氏はさらに進めた。
「ところで、松下電器は一通りの構造改革の後、2006年に中村社長から大坪社長に代わり、2008年に社名をパナソニックに変更しました。本来ならばエネルギー溢れる会社になっているはずですが、どうも明るい展望が見えませんね。」

「その点はおっしゃる通りで、OBとしても頭の痛いところです。最大の問題はテレビ事業の進め方に課題があることです。プラズマテレビの優位性が本当に市場で認められて液晶に勝つことができるのか、そこが難しいところです。プラズマテレビにかけた以上、パナソニックがこれから大きな壁を迎えるのは避けられないと思います。」
原田はそうした説明をして、再び松下通信を支えた50人の話に戻すことにした。


 

2週間後に続く

 

 

 


松下通信の半世紀の事業の歴史留守宅は大丈夫?有力専門店大集合!横浜ネット倉庫最新レンタルサーバー比較 ⇒

 

 

人気ブログはココ!⇒