【顎のずれ・くいしばりによる不調専門】学芸大学バイトバランス整体院

【顎のずれ・くいしばりによる不調専門】学芸大学バイトバランス整体院

顎のずれ・くいしばりによる様々な不調【顎関節症、頭痛、めまい、耳鳴り(耳の閉塞感)、首の痛み、肩こり、自律神経失調症、不定愁訴、非歯原生歯痛(歯が原因ではない歯痛)、顔の歪み等】の改善に特化した整体院のブログ

こんにちは。バイトバランス整体院院長の月岡です。

 

 

 

近年、歯列矯正をされる方、歯列矯正を検討中という方がとても増えているので、以前にも書きましたが改めてお伝えしたいと思います。

 

 

 

当院に歯科治療や歯列矯正を受けてから顎や頭や体に不調が現れたというお悩みでご相談に来られる方が多くいらっしゃいますが、不適切な歯科治療や歯列矯正が行われた場合は別としても、一般的な歯科治療や歯列矯正でその様な不調が現れる方は少なくありません。

 

 

 

なぜそのようなことが起きてしまうのか?

 

 

 
歯の噛み合わせの変化による下顎のずれを補正する役目であり、人体の関節の中で最も多方向に可動性を持った特殊な構造をしているのが『顎関節』です。

 

 

 

歯科治療や歯列矯正によっておきた歯の噛み合わせの変化に対して顎の位置ずれが起きた場合、顎に付着している咀嚼筋や頸部や肩の筋肉などの多くの筋肉が緊張状態におかれます。

 

 

 

顎関節が正常に機能していれば、筋肉の緊張が最も少なくなる噛み合わせの位置へ顎を誘導して体に不調を起こさないようにする働きをしてくれます。

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

顎関節の機能が正常に働かなくなっている場合、ほんの少しの噛み合わせの変化で起こる顎のずれに順応できず、咀嚼筋や頸部や肩の筋肉が緊張して顎や頭や体に不調が生じてしまいます。

 

 

 

歯科治療や歯列矯正を受けた事で色々な症状が体に現れてしまったという方は、歯科治療を受ける時点で噛み合わせの変化に順応できる正常な顎関節の状態ではなかったこと(顎のずれ)が原因の可能性がります。

 

 

 

歯科治療で不調が生じた方が、歯の噛み合わせを治すことで不調が改善できると思い込んでいて歯科医院を転々と受診しますがなかなか改善せず、更には、噛み合わせが変化する度に症状も変化してしまい不調とその不安から抜け出せなくなり、精神的な疾患にまで及ぶ場合もあります。

 

 

 

ですから、歯科治療や歯列矯正を受ける場合は顎関節の正常な機能を取り戻してから(顎のずれを整える)受診することが重要なのです。

 

 

 

歯列矯正をすれば顎のずれも整えられると言われたのに全然治ってないどころか酷くなった、高いマウスピースを買ったが改善しなかったと言って当院にご来院される方が少なくないように、歯科で顎のずれまで改善できるところは残念ながらほとんどありません。
 

 

 

顎関節が正常で無くなる理由は

主に過度な歯ぎしりや食いしばり

 

 

歯ぎしりや食いしばりは、顎関節の働きに悪影響をおよぼすだけでなく、噛むことで機能している筋肉にも大きな負荷をかけることになるので、頭痛、首の痛みや肩こりなど不調の原因にもなります。

 

 

当院ではオリジナルマウスピース『バイトバランサー』を使用して歯ぎしりや噛みしめによる顎関節への悪影響を防止し、今までの顎のずれた位置での噛み癖や筋肉のコリをなくして顎関節の機能改善を図り、顎位を矯正するシンメトリーバランサーを使用して顎を正しい位置に定着させていきます。

 

こんにちは晴れバイトバランス整体院院長月岡です。

 

 

 

歯列矯正したら
顎がずれてきた

 

 

このようなお悩みでご来院される方が多くいらっしゃいます。

 

 

実は正しい顎の位置については基準が2か所あります。

 

 

一つ目は一般的な歯科治療で正しい顎の位置の基準として最も多く用いられる【中心咬合位】又は、【咬頭篏合位】と言われる位置です。

 

 

これは、上下の歯と歯が最も安定して噛み合う位置であり、その人の歯並びによる歯のかみ合わせで決まる位置です。

 

 

意識をしなくても、強めに上下の歯を噛みこんだ時に一番安定する位置(最も噛みやすい位置)で、歯並びが悪くて安定して噛める場所がない方でも、上下の歯が一番数多く当たる場所(接触する面積が多い場所)になります。

 

 

食事での咀嚼を通じて自然と学習して身につきます。(下の写真は奥歯だけが噛み合う開口と呼ばれる噛み合わせの方の中心咬合位です)

 

 

 

 

もう一つは、整体学的な正しい顎の位置の基準で【中心位】と言われる位置です。

 

 

歯のかみ合わせとは関係なく顎や頭部の筋肉がリラックスした状態であり、顎関節や姿勢で決まる顎の位置です。

 

         

顎の位置と直接関係する咀嚼筋がリラックスした状態(筋肉安静位)であるためには、頭の位置や体の姿勢を正しく習慣づける事で獲得してゆく必要があります。

 

 

咀嚼筋がリラックスできでも下の写真の様な猫背などの不良姿勢のままでは顎の位置に影響与えてしまい中心位が定まりません。

 

 

 

 

ほとんどの方はこの2つの位置の【中心咬合位】と【中心位】にずれがあります。

 

 

歯ぎしりや食いしばりの習慣があったり、一般的な歯科医院では中心位を基準にして治療はしないので、そういう歯科治療の詰め物や被せ物を繰り返すと経年的に【中心咬合位】【中心位】の位置が離れて顎のずれが大きくなり、顎関節症を誘発し、審美的に顔の歪みなどの左右差がより目立ってきてしまいます。

 

 

歯科治療や歯列矯正において、整体学的な正しい顎の位置【中心位】であり、且つ上下の歯と歯が最も安定して噛み合う位置【中心咬合位】にできるのが理想ではありますが、そのような治療ができる歯科医師は少なく、長期間でかなりの高額治療となりますから、実際に治療が受けられる人は限られるでしょうから現実的ではありません。

 

 

ですが、そのような治療を受けられなくても、食事で噛む時は歯と歯が噛み合う【中心咬合位】で行い、食事以外の時間には上下の歯と歯は接触させず(食いしばりなどをせず)顎がリラックスした状態の【中心位】で過ごす習慣があれば特に問題は生じません。

 

 

歯ぎしり食いしばりを防止して顎を整体学的な正しい顎の位置に整えて自分の中心位を知ることも必要ですビックリマーク

 

 

こんにちは、バイトバランス整体院の院長月岡です。

 

 

どこに行っても改善しない、顎の不調、めまい、頭痛、首や肩のコリ、手のしびれでお悩みでご来院の方に多いのが

 

 

『頸椎のずれ』

 

 

そして、自覚をされている方もいらっしゃいますが、自覚をされていない方も、口の中を拝見すると歯ぎしり食いしばりをされている痕跡がある方が多数おられます。

 

 

 

歯ぎしり食いしばりが原因で頸椎がずれる?

 

 

歯が概ね生え揃うのは10代の中頃になりますが、その時期に歯列が骨格(頸椎)とは調和していない方も多くいます。
(下の画像中の赤ライン)

 

 

ここで言う歯列と骨格の調和している状態とは、真横から歯列を見た時に前歯から奥歯を結ぶライン(咬合平面)が第一頸椎と第二頸椎の間を通過する歯並びを言います。
(下の画像中の緑色ライン)

 

 

歯ぎしりや食いしばりの力は睡眠中だと100kg以上の力が歯や顎関節に加わりますが、更に噛み合わせの力学的支点である第一頸椎と第二頸椎の椎間板にはその約2~3倍の力が加わります。

 

 

 

 

日常的に歯ぎしりや食いしばりをしていると、その力は第一頸椎と第二頸椎の椎間板に加わり、それが頸椎にずれを起こすのです。

 

 

 

ならば、歯ぎしり食いしばり対策のマウスピースを使用すれば問題は解決する?

 

 

どんなマウスピースでも良いというわけではありません。

使用するマウスピースは頸椎に負荷をかけないための条件を満たしている必要があります。

 

 

臼歯が接触しない。

 

 

睡眠中の姿勢に影響されずに顎が自由に動く状態にある。

 

 

歯ぎしりや食いしばりの力を軽減する。

 

 

※マウスピースを装着する以外にも自分の頸椎にあった枕で就寝するということも頸椎のずれを防止するためには大切ですが、今回ここでは省きます。

 


歯ぎしり食いしばり対策としては、下記の画像のような一般的な歯科医院で製作する保険適応のマウスピースやネットショップで手に入るような市販品を使用する方が多いと思います。

 

 

 

 

ですが、これらのマウスピースは、歯ぎしりや食いしばりの力を軽減するという条件しか満たしておりません。
(人によってはそれすらも軽減しない場合もありますがここでは細かいことは省きます)

 

 

 

下矢印歯科医院で製作する保険適応のマウスピースを装着したところ

 

 

 

下矢印こちらは市販の歯ぎしり対策などの目的で売ってるマウスピース

 

 

 

下矢印こちらも市販で売ってる奥歯だけのマウスピース

 

 

画像で見てもらうとわかるように、すべてのマウスピースが上下の臼歯が接触してしまっています。

 

 

臼歯が接触しないという条件を満たしていません。

 

 

そのようなマウスピースは逆に顎関節症の悪化を引き起こし、頸椎に負荷をかける場合があります。

 

 

また、前歯だけ装着するタイプのオーダーメイドマウスピースもありますが、こちらは臼歯が接触していない点は条件を満たしていますが、睡眠中の姿勢に影響されず顎が自由に動くという条件は満たしておらず、顎関節を整える機能は全くありません。

 

 

むしろ、前歯の噛み合わせが深い方の場合は、顎関節症が悪化する可能性が高まり、ストレートネックになりやすいので十分な注意が必要です。

 

 

 

では、当院オリジナルマウスピース『バイトバランサー』はどうなのか?

 

 
  1. 臼歯が接触しない。

  2. 睡眠中の姿勢に影響されず顎が自由に動く。

  3. 歯ぎしりや食いしばりの力を軽減する。

 

上下のマウスピースの特殊な形によって3つの条件をすべて満たしており、さらに歯型のみならず一人一人の顎のずれ方や噛み合わせ位置、顎関節の状態を分析して製作するフルオーダーメイドのマウスピースになります。

 

 

バイトバランサーを装着することで、顎関節のずれだけでなく、頸椎のずれや頭痛、めまい、首や肩のこり、手のしびれなどのお悩みが改善した方が多数いらっしゃいます。

 

 

バイトバランサーは製作だけのご希望も承っておりますが、整体施術を受けられることで、身体のバランス(骨格)も分析して製作に反映することができますし、症状が重い方や既往歴が長い方、様々な症状のある方は、整体施術との併用が改善の近道になります。

 

 

お悩みの方は一度ご来院ください。

こんにちは。バイトバランス整体院院長の月岡です。

 

 

 

当院には顔の歪みでお悩の方が多くご来院されます。

 

 

 

その中でも、歯列矯正治療をしてから顎のずれや顔の歪みが気になるようになった方、歯列矯正治療をしたら顔の歪みも改善すると言われたのに改善せず、悩まれて当院に来られる方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

確かに歯並びは顔の歪みと深く関係していますが、歯列矯正で歯並びを整えれば顎のずれや顔の歪みが整うと言うものではありません。

 

 

 

中には改善する方もいますが、多くの方は変化せず、かえって悪化する場合も少なくありません。

 

 

 

顔の歪みの発生メカニズムで歯並び不良は二次的な要因であり、顎のずれた位置での歯ぎしり、食いしばりが一次的な要因なのです。

 

 

 

歯ぎしり、食いしばりをし続けることによって、顔の歪みは進行し続けます。

 

 

 

歯列矯正をする場合も、歯ぎしりや食いしばりの対策をせず、ずれた顎の位置のままで治療を行うと、むしろ歪む力が強化され、顔の歪みを促進することにもなります。

 

 

 

ですから、歯列矯正前はもちろん、歯列矯正中でも歯ぎしり、食いしばり対策が必要不可欠です。

 

 

 

 

どのような歯並び不良が顔の歪みを引き起こすのかを説明します。

 

 

 

1. 前歯の歯並び不良で顔の歪みを引き起こしている例

 

右下の前歯の一部が上の前歯に引っかかって(赤丸で囲んだ部分)顎が右側にずれたままになってしまっています。(部分的な反対咬合)

 

 

 

この位置で行っている歯ぎしり、食いしばりによる力が顔の歪みを引き起こしています。

 

 

この方のお顔が下の写真です。

 

 

 

顎が右側にずれて傾き(青線)左右のエラの張りかたが非対称になっています。

 

上顎骨(上の歯が埋まっている骨)も傾き捻じれる事で頬骨の高さや出っ張り方に左右差を生じています。(オレンジ線)

 

 

 

 

2. 臼歯の歯並び不良で顔の歪みを引き起こしている例

 

臼歯に歯並び不良があり歯軸が傾斜し(白線で囲んだ部分)噛み合わせの高さが左右で違い不揃いです。

 

 

 

歯ぎしり、食いしばりをする力によって下顎が右側に(赤線)ずれています。

 

 

この方のお顔が下の写真です。

 

 

 

顎が右後方へ捻れて傾き(青線)、その力の影響で上顎骨も捻じれて頬骨に左右差が出て(オレンジ線)目や眉の位置に影響が出ています。

 

 

歯並び不良による顔の歪みは、歯ぎしりや食いしばりの力に比例し、より大きな力が働く臼歯の歯並び不良の方が影響も大きくなります。

 

 

 

一般的な歯ぎしり対策のマウスピースでは、歪む力を防止することはできません。

 

 

 

歯ぎしり食いしばりによる顎のずれや顔が歪む力を防止して整える当院オリジナルマウスピースの使用をお勧めします。

 

 

こんにちは。バイトバランス整体院院長の月岡です。

 

 

ストレートネックになる原因はいくつかありますが、歯列矯正が原因でなってしまう場合もあります。

 


このことは一般的に知られていませんので気が付きませんが、歯列矯正中やその後に現れた不調がストレートネックで引き起こされる症状と一致している場合は、それに該当している可能性が高いです。
 

 

ストレートネックによって引き起こされる症状の代表的なものとしては、頭痛やめまい、肩こりなどが挙げられ、それ以外にも吐き気や手の痺れといった症状や自律神経失調症を引き起こすこともあります。

 

 

ストレートネックとは?
首は(頸椎)前方にややカーブした湾曲を持つのが正常ですが、ストレートネックは前方への湾曲が消失した状態を言います。





頸椎は第1頸椎から第7頸椎までありますが、第2頸椎が正常な位置からずれたり、適切な可動性を失うとストレートネックになります。

 


頸椎の中でも最も可動範囲の大きい第2頸椎が最前方に位置する事で首の生理的な前湾が保てます。
(第2頸椎は首の運動で中心的な役割をしていることから別名は軸椎と言います。)

 


そして、歯の噛み合わせ(咬合)の力学的な支点となっているのもこの第2頸椎で、咀嚼や発音などの顎の動きと首の動きを連動させており、開口運動時は頸椎を伸展(後屈)し、閉口運動時は頸椎を屈曲(前屈)させる役目をしています。



噛み合わせ(咬合)の力学的な支点とは?
咬合平面の延長上で頸椎と交わった場所を力学的な支点と言い、正常な場合は第2頸椎の歯突起になります。
(咬合平面とは、切歯点(下顎左右中切歯の近心隅角間の中点)と、下顎左右第二大臼歯の遠心頬側咬頭頂の3点を結んでできる平面のことです。)


 
赤い点が噛み合わせ(咬合)の力学的な支点

 

ところが、歯列矯正で奥歯を抜歯したり歯の移動で歯軸が倒れたりすることで奥歯の噛み合わせの高さ(咬合高径)の減少が起きた場合や前歯の位置が上下的に移動すると、咬合平面の角度が変わります。
そして、咬合平面の延長線が第1頸椎を通過するような支点の位置に変わってしまいます。



歯科咬合学ではこの様な状態を【病的咬合】としてとらえていますが(下図)



 

多くの歯列矯正治療では歯科咬合学に基づいて歯を移動するのではなく、見た目の基準だけで行われているので咬合平面が適切に設計されません。

 

 

その結果、意図しない病的咬合が引き起こされる事になります。

 

 


病的咬合がストレートネックを引き起こすメカニズム
噛み合わせの(咬合)の支点が第1頸椎になると、この骨は前後的可動範囲が極めて少ない為に支点としての柔軟性に欠くため、第2頸椎の動きをロックしてしまいます。(第1頸椎と第2頸椎の間には双方を滑らかに連動させるクッションの様な役目の椎間板がありません。)


 

その結果、首の可動域は減少し、首全体の筋肉を硬直させる事になります。

 


更にこの状態でくいしばりや歯ぎしりの習慣があると、強い閉口運動による頸椎の屈曲(前屈)反射が誘発されて慢性化し、頸椎の前湾が消失してストレートネックになります。

 



写真1 歯列矯正前の咬合平面
 

写真2  歯列矯正後の咬合平面(写真1と同一人物)
 

 

奥歯の高さが不足して咬合平面が右上方向に移動し、頸椎と交わる位置が変化しています。



生活習慣などが原因でストレートネックになっている方が歯列矯正を受診される場合は、頸椎の歪みを無くし可動域を正常に整えて噛み合わせ支点の変化に対応出来るコンディションにしておくことでストレートネックの不調は予防できます。

 


また、歯列矯正中や終了後にストレートネックになり不調が現れた場合は、整体での頸椎調整と当院オリジナルのマウスピースを使用することで不調の改善ができます。