目黒区学芸大学で顎のずれ・食いしばりによる様々な不調を改善するバイトバランス整体院のブログ

目黒区学芸大学で顎のずれ・食いしばりによる様々な不調を改善するバイトバランス整体院のブログ

噛み合わせ不良や歯列矯正などで起きる『顎のずれ』から頭蓋骨(顔面骨)~頸椎~胸椎~骨盤と全身の骨格に歪みが波及します。
食いしばりによる不調、顎関節症、頭痛、眩暈、耳鳴り、首の痛み、自律神経失調症等を咬合学と整体学を応用した施術で改善しています。


テーマ:

こんにちは。バイトバランス整体院院長の月岡です。

 

 

 

今日は以前に書いた「整体と歯科治療」 についてのお話の2回目 チョキ

 

 

 

当院には歯科治療や歯列矯正を受けてから顎や頭や体に不調が現れてご相談に来られる方が多くいます。

 

 

 

不適切な歯科治療や歯列矯正が行われた場合は別にして、一般的な歯科治療でその様な不調が現れる方は少なくありません。

 

 

 

 

では、不調が現れる人とそうでない人は何が違うのでしょう?

 

 

 

歯科治療や歯列矯正によっておきた歯の噛み合わせの変化に対して顎の位置ずれが起きた場合、顎に付着している咀嚼筋や頸部や肩の筋肉などの多くの筋肉が緊張状態におかれます。

 

 

 

歯の噛み合わせの変化による顎のずれを補正する役目であり、人体の関節の中で最も多方向に可動性を持った特殊な構造をしている『顎関節』が正常に機能していれば、筋肉の緊張が最も少なくなる噛み合わせの位置へ顎を誘導して体に不調を起こさないようにする働きをしてくれます。

 

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

 

顎関節の機能が正常に働かなくなっている場合、ほんの少しの噛み合わせの変化で起こる顎のずれに順応できず、咀嚼筋や頸部や肩の筋肉が緊張して顎や頭や体に不調が生じてしまいます。

 

 

 

歯科治療や歯列矯正を受けた事で噛み合わせが変化する事がきっかけとなり色々な症状が体に現れてしまったという方は、歯科治療を受ける時点で噛み合わせの変化に順応できる正常な顎関節の状態ではなかった事が原因なのです。

 

 

 

歯科治療で不調が生じた多くの方は、歯の噛み合わせを治すことで不調が改善できると思い込んでいて歯科医院を転々と受診しますがなかなか改善せず、更には、噛み合わせが変化する度に症状も変化してしまい不調とその不安から抜け出せなくなり、精神的な疾患にまで及ぶ場合もあります。

 

 

 

そこまでになってしまうと、歯科治療をあきらめて整体やカイロプラクティックへ通っても一次的な症状の緩和でしかなく効果が長続きしません。

 

 

 

ですから、歯科治療や歯列矯正を受ける場合は、顎関節の正常な機能を取り戻してから受診する事が重要になるのです。

 

 

 

 

顎関節が正常で無くなる理由は何かと言うと、主に過度な歯ぎしりや食いしばり(TCH)です。

 

 

 

歯ぎしりや食いしばりは、顎関節の働きに悪影響をおよぼすだけでなく、噛むことで機能している筋肉にも大きな負荷をかけることになるので、頭痛、首の痛みや肩こりなど、様々な不調の原因にもなります。

 

 

 

当院オリジナルの歯ぎしりや噛みしめによる顎関節への悪影響を防止する『バイトバランサー』のご使用が効果的ですので、興味のある方はHPをご参照ください。

 


テーマ:

こんにちはニコニコ

 

 

 

顎関節症・顎のずれによる不調専門バイトバランス整体院院長の月岡です。

 

 

 

 

先日、実家に帰りました。

 

 

 

 

写真は81歳の母と秘境の紅葉です。

例年に比べて遅めの紅葉ですが、とても綺麗でしたもみじ

 

 

 

 

 

今回の帰省は突然決まったので、予約を希望された方にはご迷惑をおかけしてしまいすみませんでした。

 

 

 

 

実は、母は長年にわたり慢性頭痛や疲れが溜まった時におこる眩暈があったのですが、数年前からバイトバランサーを装着するようになったことでほとんど症状はなくなっていました。

 

 

 

 

ですが、先日たまたま電話をかけたところ、歯科治療を受けた後から物が上手く噛めずに食事がとれなくなってしまい、顎の筋肉痛や頭痛が起こり、ストレスで睡眠も良くとれない状態が翌日まで続いているが、次の歯科医院の予約日まで(1週間後)我慢するつもりでいるという状況だったのです。

 

 

 

 

治療当日の話を詳しく聞いてみると、歯科医院では右上の第一小臼歯(犬歯の隣の奥歯)に被せ物を入れてもらったが、被せた歯の噛み合わせが高すぎて噛んだ時にその歯だけしか当たらず、やっと歯に装着はできたらしいのですが、噛み合わせの確認と調整はしてもらえなかったとのことあせる

 

 

 

 

患者側からは歯科医師に調整を依頼することが難しいのもあり、母は何も言えずじまいで、歯科医師からは『様子を見てくれ』と言われてそのまま帰ってきたそうです。

 

 

 

 

私は、すぐに歯科医院に行って噛み合わせ調整をしてもらうように話しをしたが、すでに診療時間が終わっており、さらに翌日は休診日だというので、迷わず明日診療している歯科医院に転院するように即し、歯列全体で噛めるところまで被せ物を削ってもらうようにお願いするように伝えて電話を切りました。

 

 

 

 

噛み合わせの高さがあっていない被せ物を入れている状態で慣れてしまっては、噛み合わせが狂ってしまいますビックリマーク

 

 

 

 

全体の歯が噛み合わなくなると顎のずれも大きくなり、顎関節の調節補正では吸収できずに頭や頸椎を歪ませることで補正をするため、頭痛や首の筋肉などに痛みや張りを生じさせ、その状態が続くと交感神経が強く働き、睡眠障害も起こります。

 

 

 

 

時々、慣れるから様子を見てほしいと促す歯科医師がいますが、顎や身体への影響についての研究が確立されていない歯科医療の欠陥に興味がない歯科医師の典型的な対応です

 

 

 


まさに母が受けた不適切な歯科治療による結果がこの状態でした。

 

 

 

 

適切な歯科治療(詰め物や被せ物)を受けるには、患者側で心得なければならないコツがあり、そのことを母に十分説明をしていなかったことを反省しました。

(そのコツについてはまた改めて書くことにします。)

 

 

 

 

結果、母は私の伝えた通りに別の歯科医院に電話をして相談をし、被せ物を調整してもらったとのことで、食事ができるようになり、幸いにもその後は不調も起こらずに過ごせるようになりました。

 

 

 

 

今回、歯科治療を受けたことでバイトバランサーの作り直しが必要となったので、歯型取りと顎の状態を見に急遽帰省したというわけでした。

 

 

 

 

もし、歯科医院で被せ物を入れてもらったときに、噛み心地がしっくりこないと感じて、その事を伝えても『様子を見てくれ』と言われてしまった場合は、歯科医院を変更されることをお勧めします。

 

 

 

 

顎関節症、頭痛、首の痛み、顔のゆがみ等、様々な影響が身体に出てしまう噛み合わせや顎のずれを防止するためには、歯科医院選びは大切ですビックリマーク

 


テーマ:

こんにちは、顎関節症・顎のずれによる不調専門『バイトバランス整体院』院長の月岡です。

 

 

 

朝起きたときから頭痛や首の痛み、肩こりがあるという方はいらっしゃいませんか?

 

 

 

そんな方は、例外なく『歯ぎしり・噛みしめ・食いしばり』をしていると言っても過言ではありません。

 

 

 

 

本来、奥歯の上の歯と下の歯の間には1~2㎜の隙間が空いているのが通常なのですが、奥歯に空間を作ることの方が違和感があったり、歯と歯がくっついている方が自然に感じていませんか?

 

 

 

 

ご自分の舌を見てください。

 

 

 

舌の縁にイラストのように、歯の痕がついていませんか?

 

 

 

 

 

 

ついている場合は、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめをしている証拠ですビックリマーク

 

 

 

 

噛みしめ(歯ぎしり・食いしばり)をしている時は、顎から首、肩にかけての筋肉を使っているので、噛みしめることで筋肉が緊張して疲労がたまり、肩や首がこります。

 

 

 

また、顎から頭の横に広がっている側頭筋も噛みしめることによって緊張するため、噛みしめ癖のある方は頭痛でお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

頭痛以外にも、顎関節症、耳鳴り、目の奥の痛み、ほうれい線が目立ちやすくなる、エラが張って顔が大きくなる、顔がゆがむなど、歯ぎしり・噛みしめは様々なお悩みの原因になります。

 

 

 

 

では、噛みしめ癖を解消する方法は?

 

 

 

パソコンをしている時やテレビを見ている時、料理をしている時、運転している時など、集中している時には歯を噛みしめていることが多いので、時々奥歯に隙間があいているかを意識してみてください。

 

 

 

もし奥歯を噛みしめてしまっていたら、深呼吸をして緊張した筋肉を緩ませてリセットしましょう。

 

 

 

あとは、顔のストレッチやマッサージも効果的です。

 

 

 

表情筋は30種類以上、顔の筋肉も使わないとかたくなってしまいます。

 

 

体と同じようにしっかり動かして顔の筋肉にも柔軟性を持たせましょう。

 

 

 

歯ぎしりや噛みしめの原因にはストレスも大きく関係しているので、リフレッシュするのも効果的です。

 

 

 

ですが、いつも意識をしてもしられませんし、ましてや就寝中の歯ぎしりの場合は気を付けようもありません。

 

 

 

そんなときには、バイトバランス整体院オリジナルマウスピースの『バイトバランサー』がお勧めです。

 

 

 

 

 

 

歯ぎしりや噛みしめによる筋肉への悪影響を防止して、さまざまな症状を改善することができます。

 

 

興味のある方はHPをご覧ください。

 

 

バイトバランス整体院HP


テーマ:

顎関節症・顎のずれによる不調専門バイトバランス整体院の院長月岡です。

 

 

 

今年は、ご来院してくださっている方からの妊娠出産の報告が続いていることもあって、赤ちゃんが欲しくて病院に通っているけれど、特に原因がないのに授からないと悩んでいる方の参考になればと思い、『顎のずれと不妊』について書いてみようと思います。

 

 

 

顎のずれと不妊?

 

 

 

関係がないように思うかもしれませんが、まったく関係がないとも言いきれません。

 

 

 

 

顎がずれると頭蓋骨がゆがみ、頸椎(首)がずれていきます。

頸椎にずれがあると脊椎神経の出入り口にストレスがかかって自律神経の伝達障害が起こり、脳からの指令が卵巣に上手く伝わらず、卵巣、子宮の機能を充分に発揮出来ないといった状態になります。

 

 

 

 

人間の臓器は自律神経によってコントロールされており、指令伝達を行う自律神経は脳幹の視床下部でコントロールされています。

 

 

妊娠にとって重要な排卵が行われる仕組みは、視床下部で脳下垂体にホルモンの製造の依頼があり、脳下垂体は卵子を発育させる卵胞刺激ホルモンを分泌、排卵を促す黄体化ホルモンを上昇させて卵巣で排卵をしています。

 

 

 

頭蓋骨がゆがんで脳幹の働きが悪くなり、視床下部がホルモン製造の指令を出さない、脳下垂体が指令を受け取っても反応を起こさないということが起こってしまうと、排卵自体が行われないので自然妊娠が難しくなるのです。

 

 

 

精子の生産過程も同じ様に視床下部→脳下垂体→精巣となるので、男性の場合も頸椎のずれにより脳幹から精巣に精子生産の指令が出ていない、信号が弱い、それに伴うホルモンの相互作用が円滑に行われてないことが不妊の原因となります。 

 

 

 

 

ご自身の妊娠力の向上を図るためには、ホルモンバランスと自律神経のバランスにあります。

 

 

 

 

女性は1か月の中でも生理周期に合わせてホルモン環境が変化しますが、このホルモンのアップダウンが、自律神経にも大きな影響を与えます。

 

 

 

女性ホルモンの分泌がバランスを崩してしまうと、冷え、頭痛、イライラ、生理痛、生理不順、月経前緊張症、不妊、更年期障害などの症状が現れるだけでなく、生理のリズムも乱れてきます。

 

 

 

脳にストレスを与え、ホルモンバランスを崩し、自律神経のバランスも悪くさせる原因となるのが『頭蓋骨のゆがみ』や『頸椎のずれ』であり、頭蓋骨のゆがみや頸椎のずれをおこすのが『顎のずれ』です。


 

 

 

また、骨盤のずれも子宮、卵巣に大きな影響を与えます。

 

 

 

骨盤は両側の腸 骨と真ん中の仙骨とで形成されていて、妊娠力に大きく関わるのは骨盤の中でも仙骨が重要な働きをします。

 

 

 

仙骨が定位置からずれてしまうとその丁度正面に位置する子宮、卵巣はストレスを発して卵巣の老化を早めたり、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの分泌バランスが悪くなります。

 

 

 

卵巣の老化は卵子の老化、卵子の形成や卵子の成熟にも影響をあたえる為、仙骨を正しい位置にして子宮、卵巣にストレスが掛からない状態を保つ事が重要になります。

 

 

 

そして卵胞ホルモンは主に生理周期の前半を安定させる働きをし、黄体ホルモンは生理周期の後半から分泌が多くなり、高温期の維持や子宮内の環境を整える働きをする妊娠成立、継続に関わる大切なホルモンです。

 

 

 

 

バイトバランス整体院では、深層筋のコリをほぐしてリンパの流れを良くすることで、筋肉へ十分な酸素を供給させ、酸素を全身に運んでいる血液の循環を改善、骨盤のずれ、顎のずれ、頭蓋骨、頸椎を整えて脳幹の働きを正常にし、妊娠に必要なホルモンの分泌、自律神経・指令の伝達を正常化させていきます。

 

 

 

顎のずれとともに体質を改善することによって女性本来の健康な身体を取り戻すと共に、妊娠力の向上、赤ちゃんが過ごしやすい母体作りをしていきます。

 


テーマ:

こんにちは、顎関節症・顎のずれによる不調専門バイトバランス整体院の院長月岡です。

 

 

 

バイトバランス整体院には、歯列矯正や歯科治療などで歯を削られたり抜歯をしたなど、今までの噛み合わせが変わることで、顎や身体のバランスがくずれ、さまざまな不調に悩まされている方が多数ご来院されています。

 


 

噛み合わせが原因の不調だから、噛み合わせ自体を歯科で治すことでしか不調を改善する道はないと思っている方もいらっしゃいますが、
残念ながらすべての歯科医師が噛み合わせに対して熟知しているというわけではありません。

 

 

 

顎関節は身体の中でも特殊な関節で、下顎は歯列の位置に合わせどんな位置でも移動できる構造になっているので(上顎は頭蓋骨の一部になるので自由に動くことはできません)、生理的に無理な位置に歯列があっても下顎を移動することで噛み合うことができるので、顎関節に負荷をかけてしまいます。

 

 

 

上下の歯と歯がしっかりと綺麗に噛み合っていたら一見問題がないように見えますが、実はそうではないのです。

 

 

 

歯科では安定した良い顎の位置を中心位といい、上下の歯が噛み合う位置を中心咬合位といい、それぞれ基準が違っていて、中心位とは口を軽く閉じた状態で顎関節が最も自然な位置関係にあることで、歯の噛み合わせとは関係なく、口を開け閉めする筋肉がリラックスした状態にある顎の位置のことになります。

 

 

 

中心咬合位とは歯の噛み合わせのみで決まる顎の位置(しっかりと噛んだ状態の顎の位置)で、顎関節や筋肉の状態は関係なく、歯並びや噛み合わせが悪くても、その状態で噛んだ位置が中心咬合位になります。

 

 

 

中心位と中心咬合位がずれていると、食事の時や歯ぎしり・食いしばり・噛みしめなどをしている間は、常に噛む筋肉のバランスが崩れていて緊張状態になり、全身のバランスも崩れることで、顎関節症や頭痛、首の痛みや肩こり、自律神経失調症といった不調の原因になります。

 

 

 

本来の正しい噛み合わせとは、顎の位置が顎周囲の筋肉がリラックスする位置にあり、本人が心地良いと感じる場所でしっかりと良く噛めて、しかも全身が安定する場所になります。

 

 

 

ですが、顎の状態が非常に安定している人と不安定な人がいて、不安定な人は顎の位置によって噛み合わせの位置が日々変化してしまうため、正しい噛み合わせの位置(理論的には中心位と中心咬合位が一致する場所) を正確に取ることはとても困難なことなのです。

 

 

 

一度抜いたり、削ってしまった歯はもう元には戻りません。

 

 

 

ですから、噛み合わせ(咬合)治療や歯列矯正を受けるのは慎重にしていただきたいと思うのです。

 

 

 

バイトバランス整体院では、今までの歯並びや噛み癖による噛み合わせのロックをはずし、顎周囲の筋肉がリラックスする安定する位置に顎を動かすために、顎周辺の筋肉をはじめとする身体の深層筋のコリをほぐし、顎関節のずれや頭蓋骨のゆがみ、骨格のゆがみを整えるといった手技と、顎周辺の筋肉をニュートラルにして顎を正しい位置(安定した良い顎の位置)に移動させ、顎関節や頭蓋骨、頸椎のずれを整え、歯ぎしりや噛みしめによる悪影響を防止することができる、オリジナルマウスピース『バイトバランサー』を就寝時に装着していただくことで、顎関節症、頭痛、首の痛みや肩こり、自律神経失調症、不定愁訴、顔のゆがみなど、身体に出た様々な症状の改善を目指します。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス