やばい。ぜんぜん乗れてない。

 

 

 

パニガーレで蕎麦 2019 - 4 2019/8/27

 

 

今シーズンは、月イチペースでしか乗れてない!

 

月イチペースということは、このままでは、9月にあと1回しか乗れないということで、そうなると、年間5回しか出撃しなかったことになってしまう。

 

車検、保険、税金、消耗品などの年間維持費から割返すと、1回あたりの出撃に17,000円ほどかかる計算だ。もちろん、車両代は換算せずに。あほくさー。

 

 

▲朝里ダムの展望駐車場にて。途中、定山渓で100円缶コーヒーを仕入れるのが習慣

 

 

 

<本日のコース (8/27・火 快晴 最高気温26℃)

自宅 ⇒ 盤渓 ⇒ 定山渓 ⇒ さっぽろ湖 ⇒ 朝里ダム(休憩) ⇒ さっぽろ湖 ⇒ 定山渓 ⇒ 中丿沢でそば ⇒ 自宅

 

走行距離:約125km TOT:11,106km

 

 

朝里ダムで缶コーヒーを片手にくつろいでいると、なにやらはるか遠方のダム方向から、複数台のものと思われる爆音が。

なかなか近づいてこないので、はて、と思っていたところ、ややしばらくして、爆音の主たちが目の前を通過していった。

 

族単車3台…。ツーリングか…。

 

途中で追いついたら、素直に道を譲ってくれた。

 

 

▲朝里ダムの展望駐車場には、まいど、不思議な人々が集っていて興味深い

 

 

 

<本日のパニガーレ>

 

・ブレーキがエアを噛んでいるようだ

 

 

どうも、この型式のパニガーレの場合、クラッチ&ブレーキシステムがエアを噛みやすいという疑惑がある。

個体差なのかもしれないが。

少なくとも、当家のパニガーレは、エア抜きしてもしばらくするとエア噛み症状が顕れる。

 

難しい作業でもないし、定期的にエア抜きしてやればよいことなので、もう諦めた。

 

 

…で、そば!

 

 

 

せんがく

北海道札幌市南区中ノ沢1-5-10

11:30~20:30

月曜定休

 

 

 

 

中丿沢を縦貫するメイン通りから、ひと筋住宅街に入ったところにあるそば店。

 

店構えが大きく、店内は広々としている。

窓が小さいので採光は限定的。やや薄暗い照明のため、全体にアンバーだ。

 

こじんまりとしたカウンターとテーブルが数台、逆に小上がり席が多い。食べログのデータによると、合計38席もあり、個室も備えているようだ。

 

カウンターに、ノート型のコンピュータが起動した状態で開いてあるところをみると、雰囲気的に家庭的なコンセプトなのかもしれない。

 

訪問時のBGMは、マッキー…(脱力)。

マッキー2曲のあとはZARDがかかったところをみると、これは、オーナーのお好みのミキシングか?

 

事前情報によると、このお店は『更科そば』に力を入れているようす。メニューにも、「更科は手打ちです」とアピールがあった。

 

自分は、本来は田舎派だが、郷に入ってはということで、更科そばの天ざる大盛りをオーダー(1,250円)。

天ぷらは、えび2本のほか、野菜が4点つき、さくっと上品に揚がっていた。

量的には、ちょうどいい大盛りだ。

 

 

▲常連のお客さんも、以前はバイクにお乗りだったとかで話しかけられた

 

 

ぞーぞーとそばをすすっていると、オーナーさんから声をかけられる。

氏もかつてはライダーでいらしたとのこと。Kawasakiの750にお乗りだったようだ。

たぶん、同世代か…。

 

話ついでに、「田舎は手打ちじゃないんですか」と尋ねたところ、「手打ちです」とあっさり。

いわく、ご自身が更科そばがお好きなので、ことさら更科を強く打ち出しているご様子。そうか。先にそれを聞けばよかったと、ちょいと反省した。

 

まあ、たまには更科もいいな、ってことで。

 

ごちそうさまでしたー!

 

 

*当ブログでは、これからも『食べログ』的なコメントはしませんからねー。