2010-04-18 14:17:53

サッカー日本代表システム進化論

テーマ:学研新書
サッカー日本代表システム進化論 (学研新書)サッカー日本代表システム進化論 (学研新書)

学研パブリッシング 2010-01
売り上げランキング : 15481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファルカン再評価は意外。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-23 00:38:14

知っておきたい「日の丸」の話

テーマ:学研新書
知っておきたい「日の丸」の話―国旗の常識・日本と世界 (学研新書)知っておきたい「日の丸」の話―国旗の常識・日本と世界 (学研新書)

学研パブリッシング 2010-01
売り上げランキング : 11886

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この著者は結構マルチな人だな。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-29 00:51:22

エリートの条件

テーマ:学研新書
エリートの条件―世界の学校・教育最新事情 (学研新書)エリートの条件―世界の学校・教育最新事情 (学研新書)

学習研究社 2009-07
売り上げランキング : 101328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国もの以外も書いてんだな。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-07 14:11:36

裁判員のためのかみくだき刑法

テーマ:学研新書
裁判員のためのかみくだき刑法 (学研新書)裁判員のためのかみくだき刑法 (学研新書)
森 炎

学習研究社 2009-01
売り上げランキング : 62659

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


たしかにやたら分かりやすいな。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-18 21:44:24

フィンランドの教育力

テーマ:学研新書
フィンランドの教育力―なぜ、PISAで学力世界一になったのか (学研新書)フィンランドの教育力―なぜ、PISAで学力世界一になったのか (学研新書)
Riikka Pahkala

学習研究社 2008-11
売り上げランキング : 99664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィンランド教育ものも、ようやく打ち止め観が出てきたが、この著者は夫の転勤に伴い来日したそうだが、フィンランドで小学校教諭の経験があるということで、「フィンランド式ドリル」を学研から出したそうな。その流れで、「聞き下ろし」の新書なのだが、副題の「なぜ、PISAで学力世界一になったのか」の答えなど何も書いていないし、第一、冒頭からして、そんなことフィンランドでは話題にもなっていなかったなど言っている。おそらく「フィンランド式ドリル」もフィンランドで普遍的なものというものではないのだろう。当たり前だが、現地で暮らしている人たちにとっては、自分たちの教育が特別なものであるという意識は全くない。教師として働いていたなら、尚更、優れている点より問題点の方が記憶に残るだろう。この著者が言っていることはフィンランド全体の教育というより、自分の学校の実情といったところ。 日本では子どもをインターナショナルスクールに通わせているそうで、これには不満があるそうだ。一方、日本の学校については批判めいたことは全く言わず、むしろ評価している。中国人とかインド人、韓国人などの親からみた日本の学校といった本は幾つか読んだが、この人は自分の子どもを通わせてはいないとはいえ、随分と日本の教育に対して肯定的に思える。それもこれも、日本の教育が良いとか悪いではなく、日本がフィンランドの教育というものを大変肯定的に捉えているので、日本との比較によって自国の優位性を説明する必要がないといった余裕から来るものではなかろうか。日本人から遅れていると思われていると感じている国の人たちは、何とか自分たちの国の優秀性を誇示せんとするのだが、どっちが良くてどっちがダメという二項対立論は西欧や北欧ではもう廃れている様だ。中島義道も書いていたが、西欧では多様性を重んじる理念が行き届いた為、むやみに他国の批判はせず、相手を認めることに価値観が与えられるのだという。その為、批判の対象は人権という狭い範囲に絞られてしまう。人権問題で日本が責められることは皆無でないにせよ、同じ先進国で民主主義国家である日本を批判することは、人種差別と看做されるおそれがあるのかもしれない。こうなってくると、「反日」だの「嫌韓」だの、好きな様にやりあっている「東アジア」の方が健全にも見えてくるから不思議だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-16 01:24:49

名古屋の品格

テーマ:学研新書
名古屋の品格 (学研新書)名古屋の品格 (学研新書)
岩中 祥史

学習研究社 2008-09
売り上げランキング : 149833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


また品格かよ。品格も何もあったもんじゃない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-18 01:46:35

中国人の正体 

テーマ:学研新書
中国人の正体―彼等は何故、その場限りの嘘をつくのか (学研新書 31)中国人の正体―彼等は何故、その場限りの嘘をつくのか (学研新書 31)
金谷 俊秀

学習研究社 2008-07
売り上げランキング : 110237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


副題に「彼等は何故、その場限りの嘘をつくのか」とある。学研新書は前にグリーンベレー柘植の中国本も出してるから、その手のものかと思ったけど、中国人に過度の嫌悪感や敵意を持つ人たちを戒めるものだという。それには「中国人の正体」を知る必要があるということらしいのだが、毛沢東時代からチャイナ・ウォッチャーを「自任」している人をキャップに、女性ライター二人を加えた著者が、自分は「中国人の正体」なるものを分かっていると思い込んでる方が問題だ。で、それがどんなもんかというと、グーグルで「天安門事件」が検索不能だとか、銀聯カードの説明とか、ニセ虎とか、ガソリンスタンド携帯爆発事件とか。図らずも私も「中国人の正体」を既に知っていたことが分かったのだが、その「中国人の正体」に結構事実誤認が多々ある様な気がしないでもない。「成龍」ではなく、「ジャッキー・チェン」では香港では通じないなんてことはまずないし、香港を中心とした広東では「儲かりますか?」が挨拶の代わりであるなんてのは嘘八百。大阪の「儲かりまっか?」という挨拶も日常的ではないが、それ以上に、広東語でそんなフレーズを聞く事はない。せいぜい正月の「恭喜発財」くらいなもんであろう。「人妖」は中国語で同性愛のこととか書いてるけど、今ではそうなのか?元々、これはニューハーフを表す言葉だったのはずなのだが。まあ別にどうでもいいけど、これも「彼等は何故、その場限りの嘘をつくのか」という命題に倣ったものなのだろうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-06 13:27:35

楽天が巨人に勝つ日

テーマ:学研新書
楽天が巨人に勝つ日―スポーツビジネス下克上 (学研新書 24)楽天が巨人に勝つ日―スポーツビジネス下克上 (学研新書 24)
田崎 健太

学習研究社 2008-03
売り上げランキング : 47122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


普通かな。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-14 01:10:49

ハリウッド・セレブ 

テーマ:学研新書
ハリウッド・セレブ (学研新書 20)ハリウッド・セレブ (学研新書 20)
千歳 香奈子

学習研究社 2008-01
売り上げランキング : 228473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハリウッド・セレブなんぞには、てんで興味がないのだが、デーブ・スペクターとは違うマトモな解説なので、知識として仕入れておいた。著者は留学後に日刊スポーツアトランタ支局勤務とあるが、これは五輪特設支局かなんかだろうか。その後はロスを拠点にしているとのことだが、ハリウッド・スターの細々としたネタを日本に提供していれば十分採算が合うのだろう。しかし、その方面にてんで興味が無い私でも知ってる話が多かったということは、さすがにアメ芸能界は世界規模であるということか。あちらでセレブをするには桁外れのカネも名声も必要な訳であるから、叶姉妹とか得体の知れない人間がセレブの仲間入りすることはないのだろう。名声はカネで買えるものなので、先だつものがまず必要ということになるのだが、カネはあっても、偽善のチャリティーなどはやらんという、たけしとかタモリみたいな潔い芸人はいないもんなのかね。まあ税金対策という側面もあるのだろうが、あの狂った様な慈善家気取りはどうにかならんのかな。その道で成功しただけでは満足できず、終わることのない名声取りを求めて奔走するのが、人間の悲しい性だろうが、そうやって常に話題を提供していかないと、財産が減ることはあっても、増えることはないのだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-01-12 22:41:04

吾輩は天皇なり

テーマ:学研新書



藤巻 一保
吾輩は天皇なり―熊沢天皇事件 (学研新書 14)

熊沢天皇カームバック!
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。