1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-06

表参道/変わらないまま新しい「ラ・ブランシュ」

テーマ:【東京】フレンチ
やっぱり、私はフレンチが一番好き。新しいお店より、昔からのお気に入りだけどご無沙汰しているお店をまた訪ねて歩いてみようと思いたち、まず「ラ・ブランシュ」から。
とっても美味しくて、味やサービスに絶対的な信頼がおけると確信したところには、安心してしまって(いついっても変わらないはずと思うので)案外何度も伺わないことが多いんです。その代表格がここ、そしてマノワール・ダスティンでしょうか。クレッセント、ヌキテパ、ぎんきょうあたりも10年以上おじゃましていないはずです。

 

{A1B2744A-F3A7-4BF8-8457-12B78C34B300}
一方、よく通っていたのにちょっとしたサービスの不満などがきっかけで、なんとなく行かなくなってしまったヴァンサンやトトキのような店もあります。けれどこうした懐かしい店は、ふとしたときにまた行ってみようかなと思うこともあります。
{B143A902-DF05-4503-AA79-5D4024EAAC2F}
逆に評判がとても良いのに、いまひとつピンとこない店にはむしろ数回伺ってみます。それでやっぱり「ああ、あんまり好きじゃないんだな」ということがわかるんです。該当するのは、驚かれそうですがカンテサンスとコートドール。自分でも不思議だし嫌いとか美味しくないとかではないけれど、もう行こうとは思いません。
もちろん、一度で「あーダメ、苦手」と思った店に再訪することはありません。例えば北島亭やレストラン七條のようなガッツリ系はダメみたい(笑) フレンチにはサービスや雰囲気も求めたいので、そこが気に入らなければやはり再訪はありません。 
{03CD3247-D07D-4EB9-B896-D42366CA8737}

このたたずまいは、麻布十番のヴィノ・ヒラタと似ています。全く古びておらず、むしろ改装したばかり?と驚くと、雰囲気を変えないよう少しずつ手を入れているのだとか。そのほうがコストはかかるんですがね、と笑うマネージャー氏。フランクなサービスは好き嫌いが分かれそうですが、田代シェフとはよいコンビだと思います。

{B79D5DFB-C67C-4D34-B15B-66E403215391}

まずはリエットから。初めてわたしがリエットを食べたのはこの店か、アラジンかだったと思います。これをつけるとパンがいくらでも食べられてしまう!不思議な豚のペーストは、豚はあまり好きじゃなかった私の概念を変えてくれた一品です。
続いて玉ねぎのタルト、ケールのスープ。内容は目新しいわけじゃないけど、供しかたなのか、雰囲気と同様に新しささえ感じます。

{3C3A5122-4977-4CC4-907B-826F39CD9961}

 

{13AF784E-E093-4DE9-96B1-6016BA05C31B}

プリフィクスコースにしたので、前菜は迷いなく、スペシャリテのいわしとじゃがいもの重ね焼きを。運ばれてきた瞬間から、官能的なトリュフの香りがテーブルにたちこめるこの料理は、アンチョビのムースがその味わいにコクを添えます。添えられたいわしのスープもカプチーノ仕立てでとっても優しいお味で、あったかーい気持ちになる料理です。

スペシャリテや自慢の一品を持つのは店として当たり前ですが、それが他にない美味しさ、感動レベルで記憶に残る店って意外と少ないんですよね。

{79958FE2-4370-4F0F-8C6B-1170E35AB821}

 

{775CE17F-87C3-4B1A-B903-2DE68F6A67FD}

ちなみにオットの前菜は冷たい玉ねぎのポタージュにフォアグラのソテーをたっぷりそえたもの。

お魚は、このテリーヌと次の鴨の印象が強かったのでなんだったか忘れてしまいましたかもちろん美味でした。焼いたみかんは皮ごといただきました。

{C5EC8110-B751-4A3B-90E5-D5DF37A0FD94}

 

 お口直しはアニスのグラニテ。

 

{F8FBA3B4-3E90-4C6C-957D-3958E0D6CD84}

鴨のコンフィのパイ包み。

赤ワインソースをメインに、さまざまな「味変」をたのしめる仕掛けのある皿。ああ、こういうのがたまらなく好き。ソースのないフレンチなんて!

{15C08B76-3512-46F0-8E35-EA05EDF8861E}

デセールはわがままを聞いていただき、少しプラス料金で甘いものの代わりにチーズにしていただきました。 

{B2B984F5-4100-4BAF-96DD-4AA22506F644}

そのあとの小菓子はいただきました。小菓子でもこれだけ出てくるのですから十分です。ルイボスティーが選択肢にあるのも新しかったですね。

{10CA4CA3-3FAC-410D-9A58-346B4DC715CE}

シェフもダイニングにはよく顔を出されていました。フランクで柔軟なサービスに感謝でした。グランメゾンでもなくビストロでもなく、ここはステキな「レストラン」。次はランチに伺いたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。