東京&京都 追求!美食道 -5ページ目
2018-10-11

2018真夏の京都へ!(4)鍵善さんと祇園祭の八坂さん

テーマ:【京都】カフェ(甘味・スイーツ)
今日は、日本橋から青山、蒲田、銀座と食べ歩き。そんな移動の合間を縫うか、入浴中(イマココ)にしかブログアップできないのは働いてなくても変わらないんですねショボーン
さて、テレビにも秋の京都に向けた番組が増えてきました。早よせんかい!とわたし自身も思っております 
染司よしおかさんからの続きです。テクテク歩いて白川を渡り、四条通りへ。八坂さんに向かいます。
そうや、なんか買うていこ、と道すがら鍵善さんへ。すると甘味の方が珍しく空いてるみたい。これはチャンス!と買い物後にそのまま入店。
テレビでこのお庭の奥にある特別なお部屋で、芸能人の方が召し上がってましたが普段はお庭は眺めるだけ(笑)。窓際はタイミングが良ければ座れます。
和三盆のお干菓子、菊寿糖が最初にお茶と共に供されます。今サイトを見たらいつもは白い菊寿糖が四色になり「菊寿糖 彩り」として販売されていました!季節限定かもしれませんが可愛い〜
立派な塗りのお重でが運ばれて来ました。みつは白か黒か選べますが私は黒派。
ツルツルツルとあっという間。あまりゆっくりできないのが、この店の難点です。祇園南の路地裏にある系列のZEN CAFEは素敵なカフェ。こちらはゆっくりできますが、くずきりはいただけません。
鍵善さんを出て八坂さんに向かうとちゅうの路地を入り、甘泉堂さんへ。
もなかが欲しかったのですが、夏は代わりに水羊羹やそうで諦めて来た道を戻ります。
祇園祭のさなかの八坂さん。意外と初めてかも? 
いつもより活気のある境内。三基の神輿が舞殿に揃うのを初めて見ました。京都に住んでいても、暑いこの時季、氏神さんでもないのにわざわざ八坂さんまでお参りに来ることなんてなかった。ほぼおのぼりさん状態です。
八坂神社の主祭神の素戔嗚尊(スサノヲノミコト)、櫛稲田姫命(クシナダヒメノミコト)、八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)の御霊はお神輿に乗せられて、ルートを途中違え、前祭の山鉾巡行後の神幸祭、後祭の山鉾巡行後の還幸祭で市中を回ります。感動の還幸祭の様子は四年前のブログに!
楼門から見た四条通り。このどんつきに何があるかご存知ですか?

なんと松尾大社です!鴨川と桂川がそれぞれ近くに位置し、名水が湧き出るところも同じ。感慨深いですね。いつか歩いてみたい!
大雨の後の鴨川は濁り、水量も増していましたがやはり美しいですね。京都の命。山紫水明のふるさとに、なくてはならない存在です。

テレビで、私の実家側にある賀茂川の源である湧水を祀る志明院というお寺さんがあると知りました。ああ、知らないことだらけです!
アクセスの悪さから登山覚悟で、丸一日かけていかないとダメだそうですが、ここは必ず1人で、次に必ずと決めています。
祇園界隈で求めたおみやげ。祇園祭の時季限定の祇園まもりと水羊羹の甘露竹、かね正さんのお茶漬鰻です。

そして、八坂さんの御神水。このお水で淹れたお茶と、おそらく同じ水脈の水を使って作られている京都の和菓子やお茶漬けをいただくと。。。もちろん最高です!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス