2018真夏の京都へ!(1)瓢亭はなれで朝食を❤︎ジャスト一時間の至福 | 東京&京都 追求!美食道
2018-07-28

2018真夏の京都へ!(1)瓢亭はなれで朝食を❤︎ジャスト一時間の至福

テーマ:【京都】懐石、割烹
また久々になってしまいました。日帰り出張が続いていましたが、今日明日は美容メニューも入れず完全引きこもり予定です。
あれから2週間が過ぎた蒸し暑い東京の朝、暑くとも涼やかだった至福のひとときを思い起こしています。

今回の旅、日程が決まってまず予約を入れたのが瓢亭でした。一人で分刻みの行動予定ながら、二人からでないと本館はなれのお席は予約できないので誰かを誘うつもりでとりました。

蹴上駅から歩ける距離ですが、朝から汗をかきたくなかったのでタクシーで到着。南禅寺の門前茶屋として400年ほど前に生まれた瓢亭。鄙びた茶屋の風情が歴史を感じさせます。長く訪れていませんが、やはり同時期に、愛宕神社の門前茶屋として創業された平野屋と店構えが似ています。

本館はなれでの朝食は夏季限定。年間通じて朝粥がいただける別館はこの日お休みだったようです。私は別館に行ったことがないのでよくはわかりませんが、はなれの個室でいただくスタイルは特別なひとときになることと思います。
疎水から引かれた清らかな水をたたえた池や流れ、豊かな緑と苔むした石造りの回廊を擁した、野趣あふれる日本庭園。幼少時、当代亭主はこの池で魚をとって遊んでいたという記事を何かで読んだ記憶があります。鴨川にもいるはいじゃこでしょうか、小さな川魚の姿も見えました。
案内されたのは創業当時から残る藁葺き屋根の建屋、くずや。たまたま貸し切りでしたが、すだれで区切った向こうのお部屋にも、混み合うときは他のお客様がいらっしゃるのでしょうか。こじんまりとした上がりかまちから靴を脱いでお部屋に入ると、目の前にはうっそうと茂る緑。ちょっと外に出てみればよかったと後悔しています。
少し遅れて友人が到着。最初に暑い梅昆布茶をいただきます。
ほどなく瓢亭たまごと共に鱧のさっと炊いたものや鯛の笹寿司などが供されました。やっぱりここの味、好きやわと思います。こんな簡単な数品でも、いや簡単な料理やからこそ美味しさがよくわかるのかもしれません。
同じ月でも、出さはるもんは日によってちょっとずつ違うようです。
ひょうたんの器とお茶が運ばれてきました。食べログで写真を見てみましたが、先の皿と一緒に運んできはることもあるようです。外の回廊を通って着物とお草履で運ばはるので、お給仕も大変やと思います。
ちょっと細かいことは覚えてないんですけど、賀茂茄子の田楽、揚げ麩、湯葉の炊いたん、さやいんげんの白和え、そして白身魚の炊いたんが見た目は地味やけどめちゃくちゃ美味しかった。やっぱり汁ものをいただくと、その店の味のスタンスがよくわかります。自分の好みかどうかもね。

そして湯豆腐。豆腐のお椀、というて出さはったんですけど、上品なお味の張りだしに湯豆腐くらいの豆腐が入った一品です。ふたりで、ちょっとなにこれ、美味しいねぇ、と嘆息しながらいただきました。
お次は鮎の塩焼きです。鱧は骨きりしたものを東京で買得るし、焼いたり炊いたりもできますけど、鮎は家で焼いても美味しくありません。これはもうお店でいただくのが一番! 天ぷらではなんどか食べていますが、塩焼きは今年初かな? もちろん頭からすべていただきます。
汁物もいくつかいただいてますので、すでにお腹もいっぱいに。でもでも!かんじんの朝かゆはこれからです。両親は京都に住んでいても、夏になると揃って朝かゆを食べに行くのを楽しみにしていました。わかります。朝かゆなんてどこでも同じと思ったら大間違い。瓢亭の朝かゆがこれほど評価されるのは、おかゆそのものの炊き方はもちろん、おかゆにかけて味わう葛あんの美味しさゆえ。

旨み、とろみ、塩かげん。そのバランスが最高の葛餡を、最後は足りひんと感じるほど、白かゆにたっぷりかけて。思いのほかおかゆさんの量は多くて、食べられるかなと思うのですが、しみじみとからだに染み渡るような美味しさに完食です。
はぁぁ・・・幸せ。唯一無二の朝ごはんのひとときは、しかし無情にも1時間という短かさでおしまいです。せき立てられるような慌ただしさはないけれど、もう少し、あともう少し・・・余韻を楽しみたい、と思うのでした。

でも、また来たらええんやし。
そう自分に言い聞かせてお勘定を済ませ、タクシーを呼んでもらって名残惜しくお店を後にしました。6000円ポッキリ。とてもお値打ちに感じます。やっぱり瓢亭は、私の和食の「味」の原点と再確認。友人とは話したりず、そのままリッツカールトンのラウンジへ向かいました。

Akikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス