2018梅雨、小浜島と石垣島へ!(10)はいむるぶし❤︎小浜島から石垣島へ | 東京&京都 追求!美食道
2018-07-08

2018梅雨、小浜島と石垣島へ!(10)はいむるぶし❤︎小浜島から石垣島へ

テーマ:■旅グルメ:沖縄

朝、私たちはビーチで日の出を眺めたあと、部屋に戻りがてらまだ見ていなかった場所をカートで少し回ってみました。驚いたのは水牛がいる池。昼に来たときはただの沼のようだったのに朝には鮮やかな蓮が一面に咲いていたのです。

 

 

南国らしくてステキですよね。でも・・・あまり近寄って長くいるといけません。ニオイが・・・結構凄いです(汗)水牛池ですから。

 

 

その後、サンセット広場というところへ。私たちの泊まっていた「てぃーだ棟」と同じ並びなのでほぼ景色も同じですが高い位置にあるのでより開放感があります。ここには小さな農園もあります。

 

 

島野菜の一種であり、薬草でもあるりゅうきゅうよもぎ。初めて生葉をみました。

 

 

八重のハイビスカス。

 

 

日本のつつじのように、低木で植え込みに使われていた花。名前はわかりません。

 

 

フツーに生えているパイナップルにもビックリ。

 

 

まだビュースポットはたくさんあったようです。泳げるビーチは一カ所ですが、そこからつながる遊泳禁止の浜辺には、日よけのあるチェアなども用意されていたようですし、やっぱりお散歩してみたかったなと。

 

 

朝食後いったん部屋に戻りどうしようかと考えました。本当は、前日最終アクセス時間が過ぎてしまったのであきらめた沖合に浮かぶ船のアクティビティ、シーステーションに行きたかったのですが、お部屋のお風呂にも入りたいし。。。どちらを取るか。そして結論は「シーステーションはあきらめて海で過ごす。そして部屋でお風呂にも入る」でした。
ビーチの営業は朝9時から。24時間出入りはできますが、タオルやビーチシューズを借りたりするのはこの時間からです。本日も晴天なり!

前日は夕方近かったので水もぬるんでいましたが、朝のビーチはより水色も澄んでいて温度も気持ち良い冷たさ! そしてやっぱり一番乗り(笑)

 

 

水上ヨガ?ではなく、立とうとしたらよろけたので手をついた図です。この上で気持ちよく寝そべって小一時間過ごしたあと、名残惜しくビーチをあとにしました。ああ、この宿を楽しむのに一泊で足りるわけがありません!

 

 

たっぷりお湯を張ったテラスのお風呂では、残ったライチを食べながらぼーっと最後のひとときを過ごしました。

 

 

目の前の緑地には、小さな沼?があるのですがここにも朝、同じピンクの蓮が咲いていました。相変わらず西表島の上には雲がかかっています。目の前には蝶が飛び交っています。ここはまさに、南国の楽園なのです。

 

 

少し左方向を見ると遮るものがない海が広がっています。乗り出して写真を撮っていますが、お湯に身を沈めていると、湯の水面が海と同化し、温かな海に浸っている感覚に。ふたり旅ですが、ここでのバスタイムは私ひとりの静かな時間。何も考えず、魂に休息を。ほかには何もいらないと思うような、素晴らしいひとときを最後に過ごすことができました。

 


チェックアウト後、ちょうど間に合う時間にバスが出発するので小浜島の港へ。地図で見ると本当に小さな小浜島。シーステーションと、まだ見ぬプライベートビーチでのんびり過ごすという課題は残ったまま・・・できるだけ早い再訪をと誓いました。さあ、石垣島へ! あの市場でいっぱい買い物をして、そして、そして・・・と新たなワクワクが始まりました。

 

Akikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス