鳥取和牛「オレイン55」を新橋「トットリーネ」で☆ | 東京&京都 追求!美食道
2012-05-06

鳥取和牛「オレイン55」を新橋「トットリーネ」で☆

テーマ:【東京】イタリアン
東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道


実はもう3か月ほど前のことになるのですが、「とあるブランド和牛の試食会に来てほしい」とのお誘いを受けましてホイホイと喜んで行って参りました。集められたのは食いしん坊かつ肉食な男女たち。前半後半で、男女別に会は進行となりました。ちなみにメンバーは、浅野まりちゃん、小口綾子ちゃん、瀬川あずさちゃん、スイーツ番長のアシスタントまるこちゃんと肉食美女がズラリあせる

わたしが好きなのはとにかく赤身のお肉。好きなお肉はと聞かれたら、迷わず「(岩手、青森の)短角牛」と答えます。イメージ的には近江、松坂、神戸などやはり関西のお肉と、旅したときに美味しかった石垣牛にいい印象を持っていました。

ところがとあるブランド牛とは・・・なんと鳥取和牛でした。聞いたことも見たこともありませんでしたが、大変育ちの良い牛で脂の融点がとても低いとのこと。オリーブオイルの主成分であるオレイン酸を55%以上含むまろやかな甘みのあるこの脂が、旨みの秘密だといいます。

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道

「くり」のたたき♪なんと、何もつけずに食べても驚くほどの美味しさ!調味料なしですよ?もうビックリ。ナマ好きなのでこれが一番好みだったかな♪

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道 東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道

お野菜もたっぷりあるのが嬉しい。「千本すじ」の焼肉。初めて見聞きした部位。噛みごたえもあってこれも好き。

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道

「いちぼ」のせいろ蒸し。ポン酢でさっぱりと。美味しくないわけがないですね^^;

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道

最後はサーロイン!!結構こうして見ると脂が多いのですが・・・全然しつこくないんです。この少し前に神戸牛をいただく機会があったのですが、正直胸やけが。。。サシが入るお肉は少量でいい、とお肉好きのわたしでさえ思います。でもこれはほっとかれるといくらでも食べられてしまいそうで参りました。

鳥取には正肉はもちろん、ホルモンまでオレイン55の和牛が食べられる焼肉屋さんがあるそう。未踏の地、鳥取!冬なら蟹もお肉もいけそうだわ。いつか訪れてみたいドキドキ

さて、この試食会で一番聞きたかったのは「東京ではどこでコレが食べられるのか」ということ。新橋の鳥取の物産館(鳥取みやこプラザ)2階にあるイタリアンへぜひ、と言われその後すぐに足を運んだのですがいつもタイミングが悪く、満席だったり営業終了だったり。
そしてようやく先日、行く機会を得たのです!オレイン55がいただけるのは、昼5000円とちょっと値の張るコース。でもあの味をもう一度!と迷わず注文。

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道 東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道


フォカッチャと作り置きされたような前菜はいまひとつ。味は悪くないのに、もう少し工夫できないものかと残念。でも二品目のラザニアは、素晴らしいものでした。やはり特産のブランド豚を使ったミートソースに粘りのある特産の山芋を合わせてさっぱりと仕上げてあり創作性も高い一品です。

東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道 東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道


お肉(オレイン55)は厚みのある二キレのステーキ。試食会でたくさんいろんな部位をいただいたので感覚がマヒしていましたが、そう、このお肉とっても高級品なんです汗
脂身が気になりましたが思い切ってそれも口にいれてみると・・・いやー、またまたビックリ。脂が甘くて美味しい!オレイン55、タダものじゃありません。

このあとデザートとお茶をいただきました。店はファミレスのような雰囲気でサービスももう少しがんばってほしいし、メニューとお値段だけ見たらCPは悪いのかなと感じます。けれど、料理は美味しい!
シェフは特産品をうまくメニューに取り入れ、魅力的な料理に仕上げています。
ここは夜のほうが選択肢も多いし、きっと雰囲気もいいのではと思います。また機会があれば伺ってみてもいいかな♪

階下の特産品売り場も野菜、卵など安心して買えるものが揃い楽しいですよ☆

Akikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス