我が家のオットは料理男子なので、キッチングッズ大好きです。

結構、勝手にポチッと買ってしまいます。

 

 

もう5年以上前に購入したOXOのトング。

バーベキューグリルの熱にやられて、先端が少し溶けてしまったので、買い替えすることにしました。

 

 

で。

調べたら、なんとOXOのトングって、ナイロン製シリコン製の2種類あるのね!

 

 

 

ナイロンは耐熱温度180℃

シリコンは耐熱温度280℃

 

 

全然違うじゃん!!

熱されたグリル網目ってかなり高温です。

我が家のものはよく見たらナイロン製(オット気づかずに購入したみたい)。

そりゃ溶けるよね・・・

 

 

 

 

やってきたシリコン製。

もうこれで溶ける心配なし(笑)

ピタッとあうので、パスタ1本まで掴めそうだわ〜

 

 

フッ素加工のフライパンも傷つけにくいし、これは良いお買い物しました♡

 

 

ちなみに我が家は小サイズ。中サイズはお外バーベキューに良さそうだけど、家庭のキッチンでは長すぎる感じします。。。

 

 

 

 

 

 

昨年、タッセル・イベントにて製作したクリスマスツリー。

作ってみたい!!というお声をいただき、レッスン開催いたします♡

 

 

た〜っぷりと、色々なエバーグリーンをミックスして作り上げるので、香りも非常によく上質なツリーになります。

 

 

 

 

昨年のイベントで作った大きなサイズは、高さ約60cm程度!

オーナメントの飾りがいがあります。

 

 

ただ、テーブルの上に飾るには大きすぎるので、半分程度の30〜40cmサイズもご用意しました。

 

 

リースやスワッグとは違ったツリー作ってみませんか?

神楽坂サロンで、それもお好きな時間でスタートするスタイルで開催します♪

 

 

詳細はこちら

 

 

 

写真はNapaダウンタウンにあるハンバーガーショップGott's@USA。ハンバーガーっていうとどうしてもランチのイメージですが。アメリカではディナーにハンバーガーってありなんですね〜。

 

 

実は、今週前半に風邪を引きまして。

実家の現状にショックすぎて風邪引いたのかも?(苦笑)

 

 

熱が出ている訳でもなく、ひたすら喉が痛く体がだるいのでベッドやソファでゴロゴロとしながら、積ん読(積み上がった本)、詰め読(キンドルに詰め込んだ本)たちの中から、思いのまま本をピックアップして読み漁りました。

 

 

まずは本田健さん本。本田健さんの本は、結構好きでポツポツと読んでいます。

 

 

 

 

偶然なのか。

かぶる内容が多かったです。

 

「未来は、えらべる」というほうは、バシャールという宇宙存在との対話の本。

超怪しげだけど(笑)、大真面目に宇宙存在のバシャールと対話してるし、第一章の観念と現実、未来については「なるほど」って腑に落ちることばかり。

 

 

引き寄せの法則も、心のブロック(ブレーキともいう)系の本もいっぱい読んできましたが、全て根っこは「観念」なんだと改めて思いました。

 

 

そして、いかに自分の理想、夢を現実化する具体的な手法が書かれているのが「決めた未来しか実現しない」というほう。「ランデブーポイント」という、目標とかゴールではなく、シンクロニシティー(意味のある偶然の一致)が起きるような出来事を自由に好き勝手に設定するって手法が紹介されています。それがとても楽しそう!!

 

 

大抵の自己啓発本では、目標・ゴールを決め、そこから逆算してあれしてこれしてとプランを立てよう・・・というのは何度も聞いてきたことです。

これは全く違うのですよね。こんな偶然を引き寄せた!みたいな?こうなったらいいな、を考えるだけ。ワクワクしますよね。でもね、意外に、自分の引き出しが少ないというか・・・こんなシンクロニシティーが起きたら素敵!って規模が小さい自分にびっくりでしたのだけど(笑)

この点は、今後もっとじっくり考えていこうっと。

 

 

そして、自己啓発系の次は、文章術。

 

 

随分前からブログをはじめ、そしてホームページにもコラムとか書いている癖に。

文章を書くということに、ずーっと苦手意識がありました。

最近、だいぶ苦手意識なくなってきたら、今度は「早く書く」ということがテーマに。いつだって欲張りです(笑)

 

 

またまた色々読み漁っていますが、この本は「早く書く」という点で大ヒットでしたね。ポイントを一言で言っちゃうならば、「素材」「エピソード」「数字」の重要性。もちろん、練習しないといけないと思いますが。これで早く書けるようになるかもーと期待できます。

 

 

 

ちなみに。

文章を書く苦手意識が消えたのは、この2冊のおかげかな。読みやすくって自分も書けるような気分になります(笑)

 

 

 

 

 

 

そして、大好きな健康系も読みました。

 

 

 

 

偶然入った本屋さんのサンマーク出版フェアで見かけて購入した本。

昨年お世話になった漢方の先生に教えてもらったレッグウォーマー。足首を温めると靴下をはかなくても足先も含め、体中がポカポカしてびっくりしたんです。

血流の影響なのかなと思ったので、読んでみました。

 

 

目指すべきは「血液サラサラ」ではなく「血流たっぷり」

 

 

目から鱗でしたね。

テレビの影響か、血流をよくするというと「血液サラサラ」を思い浮かべます。ですが、実際血流が悪い女性の多くはドロドロした血で流れが悪いのではなく、血不足の為に流れが悪いのだそう。

 

 

そういえば、ワタシはもともと貧血気味。栄養検査でもフェリチン(鉄)は標準値よりも大幅に下回ってたことを思い出しました。

改善方法がのっていたので、ちょっとやってみようと思います。

 

 

そういえば、栄養検査を受けたのはちょうど2年前でした。そろそろ年内にまた受けてみようかな。2年前から現在まで、色々とカラダに良いことやってきたので。栄養バランスがどうなっているか、知りたくなってきました。

 

 

 

他にも、お気に入りの本を読み返したり〜と久しぶりに活字まみれに過ごした数日間。電車での移動が少ないと、日々の生活でなかなか本を読む習慣がないなーと反省。本は知識の宝庫ですからね。年内あと10冊は読みたいなー。

 

 

 

食器は、白が一番使いやすい

 

 

そう聞きます。

確かにお料理に対しては使いやすいと思います。

でも、食器同士、あるいはインテリアの「白」とあわせるとなると、非常に難しい色だと思います。

 

 

 

一生もの・・・と思って購入したイッタラのエゴシリーズ。

ワタシは「食器はシリーズで購入派」のため、エスプレッソ、コーヒー、ブレックスファーストと、大中小の3サイズで6客ほど持っていました。

 

 

今の家に引っ越す前は、本当に活用していました。

ですが、ちょうど引越ししたあたりから、ぱたっと使わなくなりました。

 

 

 

見れば見るほど、好きなデザイン。

 

 

なんで使いたくなくなってしまったんだろ〜と思ったとき。

エゴの「白」の色が微妙に我が家のインテリアの「白」と違うことを発見。

どうもその「微妙な差」が気持ち悪くなり、使わなくなってしまいました。

 

 

本当に微妙な差なんですけどね。

 

 

エゴ(EGO)は、アラビア社やマリメッコ社にも作品を提供しているフィンランドの工業デザイナー・ステファン・リンドフォースの作品。

1998年に発売され、2014年に生産終了。

北欧ブランド好きの人にとっては、今じゃ貴重なデザインかも。

 

 

とはいえ。

すでに5年以上使用していません。

この秋の断捨離強化月間で、やっと手放す決心ができました。

(素敵な方にもらわれて行きましたわ^^)

 

 

食器はインテリアの一部。

 

 

インテリアが変われば、似合う食器も変わるもの。

考えて見ると、前の家と今の家のインテリアのテイストも、テーマカラーも全く違います。似合わないはずですね・・・。

今回気持ちよく手放すことができ、心も空間もスッキリしました。

 

 

 

masmasのPOP写真@伊勢丹

テーマ:

 

 

伊勢丹新宿店で開催されたマスマスのイベント。

先月撮影した写真でPOPが作れられておりました。

 

 

売れ行きも非常に好調だったとか。

 

 

 

いつでも、いざって時に、すぐに使えるストック写真の存在って本当に重要ね。

 

 

TOMONARI工芸さまは、そうおっしゃって9月から毎月撮影を依頼してくださっています。「あのシーンの写真」が必要・・・そんな時って、結構突然あらわれるもの。

どんな時でも、自分のイメージする写真があるということは安心ですからね。

 

 

 

 

10月スタート募集中

▶︎▶︎▶︎仕事で使える!初めてさんのフォトレッスン