ダンディな義父と初対面 | 帰ってきた!パパはバレエダンサー

帰ってきた!パパはバレエダンサー

パパはロシア人バレエダンサー。中央アジアはキルギスタン
ビシュケクというところで暮らしています。
娘が2人、猫2匹。夢だったバレリーナ・・・
気が付けばバレエダンサーの嫁になってました。
いろいろ突っ込みどころ満載の
日々の暮らしを漫画でアップします。



タシュケントの駅に着くと、そこにはタバコをふかし、サングラスに迷彩ズボンという出で立ちのお義父さまがいらっしゃいました。

一瞬、あまりの想像との違いに通り過ぎそうになりましたが、それがパパでした!!

うちのロシア人と風貌的にはそっくりという訳ではありませんが、まぁ、同じロシア人だしね。

ダンディパパの隣人の車でタシュケントのお隣「アハンガロン」という町に向かいました。

パパのお家は典型的ソビエトユニオンアパート。

近代的とは程遠いですが、おうちに入ってびっくり!

想像してたのと違う(笑)古いながらも整理整頓、綺麗に掃除されていました。

しかもパパさんボルシチまで作ってくれていた!

なんて言うか、机の上がいつの間にかぐっちゃぐちゃになっちゃう、引き出しの中がめちゃくちゃになっちゃう私と大違い。

ショックを受ける。

どうりでうちのロシア人が私の無頓着さにキレるわけだ…

血筋だな。
ダンディな見かけとは裏腹な几帳面パパの血統が受け継がれましたよ、息子さんに。

ウォッカをひっかけヘビースモーカーで怖い顔して孫をあやすロシア人パパ。

マフィアか?!

お父様はもうリタイヤして趣味の釣りをし、釣れた小魚を野良猫にあげるのが日課(猫好き)。

しかもうちのロシア人がこどもの頃から乗っていたソビエト連邦バイクで釣りに繰り出すらしい。

ギャップ萌えできますね!

うちのロシア人とパパは子どもの頃に別れたきり30年以上離れ離れだったため、まだ父親という気がしないらしいですが、見ている限りは良好な感じがします。

なんと、今回の再会は他の兄弟やママには内緒なのです!ここから通報されることもないと思うので、バラしますが。

ロシア人のママや兄弟たちはパパに良い思い出がないらしく、会っても経済的に頼られて後悔する!なんて脅されていたらしいけれど、実際に会ってみるとお父さんの暮らしは慎ましくも余裕のある生活のようでした。(私たちにお小遣いまでくれたよ!)

一人暮らしのパパさん。

昔は兵士だったこともあり、結構気性も荒かったらしい(今もそうかもしれないけとままだわからん)。

再婚した奥さんも子どもも離れて行き、5人も子どもがいても孫を連れてきたのはうちが初めてだそうです。

怖い顔でも「近くに引っ越してこい」とか「もっと長くいたら?」とか行ってくれます。

怖い顔でもさみしいのかな??とか思っちゃいますね。

何はともあえ、親子の再会を無事果たし、孫と日本人嫁にも初対面したパパさん。

ウズベキスタンに新しい家族ができました。

どうぞこれからもよろしくお願いします。