何年ぶりかに、やっとブログにログインできた。
そう、やり方がわからなくなってしまって、そのままになっていたのだ。それを解明してまで、ブログを書こうという気持ちになれなかった。

あまりにいろんなことがありすぎたのだ

でも、また始めたい❣️そんな気持ちになれたのも、少し一段落したからかもしれない照れ



私には夢があった。

そこにいるだけで癒される、健診にくる妊婦さんや赤ちゃんたちが元気になれる場所、天然住宅の気持ちの良い空間の助産院をいつか建てたい、という夢だ。

今から19年前、出張専門助産師の開業届を出し、第一歩を踏み出した。実は、私の夢は、その前から心の奥に芽生えていた。それはいつからか。自分が助産師として大学病院で働き、結婚退職して子どもをつぎつぎ授かり、4人目を産んだ頃からだろうか。自分で子どもを産んでみて、医療を受ける立場を体験してみて、改めていろんなことを感じた。働いているときにはわからなかったことが、たくさんわかった。こんなことくらい気にならなかったはずの些細なことに気が滅入ったり、涙もろくなったりした。

そういう繊細で素敵な期間を丸ごと受け止めて支えられる存在になりたい。助産師として、産む側の立場を体験できたからこそ、自分に出来ることが見えてきた。大変な子育てを経験したからこそ、理解できることが増えた。

助産師として、ママや赤ちゃんの心も身体も丸ごと受け止め寄り添いたい。
ママにとっても赤ちゃんにとっても、安心出来て委ねられる場所、命を輝かせられる場所を作りたい。

新月に祈り、毎日祈った。

流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星

夢は 夢でなく
願いは 願いではなく
祈りは 祈りではなく
すべて 実現するから
夢を見、願い、祈るものである
あなたが思いしことは
すべて
形として あらわれるものなり.



去年の1月の終わりに、
この建物と出会った。
築18年の、なんと天然住宅の中古物件。
思いが形として現れ始めた。

出逢いが重なり、
スカンジナビアホームの生体活性化システムを取り入れた。
床も、ベッドも岩盤浴仕様。
恵比寿柱に地中柱。
玄関には大好きな薔薇のステンドグラス。
自分の想像を超えた建物が完成。


2017年8月8日
念願の助産院を開院した。

バースハーモニー美しが丘助産院


住み慣れた、大好きなたまプラーザ駅から10分ほどバスに乗る。
裏山には畑がそのまま保全されている。
花桃の丘もある。
都会に近い田舎だ。



でも本当は、もっと田舎の
目の前に田んぼが広がっている
富士山の見える場所🗻が良かった。
でも、田舎すぎると、赤ちゃんは生まれないし、提携病院もないという現実。



次の夢は、
今度こそ、そういう場所に、
研修施設を作りたい。
自然な妊娠、出産、子育てに役立つ情報や知識を学べる場所、
都会の喧騒から離れて一息つける場所、
泊まりがけでのんびり出来る場所。

いつか叶えたいな。