皆さま、こんばんは。



今月は学びの月にしよう!と決めたら、双子座太陽の光が後押しをしてくれているのか、今日もまたとても素晴らしいワークショップに出逢い、参加してきました。



以前から大好きで憧れている、心理占星術研究家のnico先生の、火星ワークショップです。やっと再びお逢いすることが出来ました!しかも、この名古屋で。



「はじめよう!火星のサイクルを活かした新しいライフプランニング
Beginning of Life -- Mars Cycle Worksheet 2017.01.28 - 2018.12.31 」

{1FF1A92E-4BB4-4561-9CD7-10CEC05A01E7}


今朝、木星期のことを書いておきながら、何故火星を?!




私、火星が好きなのです。そして、火星の力によって、私自身や、私の人生がとてもアクティブになりました。出来ないと思い込んでいたことに取り組めたのは、火星をとことん使ったから。スイッチが入ったのです。その時、冥王星からの激しい後押しもあったので、やらざるを得なかった。その結果として、現在の私があります。




先日の上原さんのブログ講座で学んだ、MC(使命)と太陽(志)に引き続き、改めて火星を学ぶ。




私達はホロスコープに散りばめられた、10天体の全てを使って生きています。惑星をひとつずつ丁寧に学ぶことは、たとえ占星術に携わっていても、決して無駄ではないし、学びに終わりがありません。占星術とはなんぞやということを、哲学的に理解されていても、それだけでは足りません。天体は実際に空に存在し、生きています。その息吹を感じないことには始まらない。




本当に素晴らしい内容でした。私はnicoさんの占星術個人セッションを2014年の12月に東京で受けているのですが、それ以前からnicoさんのブログが大好きで大好きで、毎日読んでいたのです。




実はそれ以前にも、何人かの占星術師の方に私の出生図を詠んで頂いたことがありましたが、nicoさんの個人セッションが最も印象に残っています。



その日、私は以前勤務していた会社に退職の旨を直接当時の上司に伝えた後、nicoさんの元へセッションを受けに訪ねたので、セッションのことは鮮明に覚えています。明確な目的を持ってセッションをお願いしたこともあり、今でもnicoさんに言われたことをほぼ全て思い出せます。




その時のことを過去に記事にも書いておりました。「決意表明した直後のチャート」




さて、本日の火星ワークショップについてです。



何故火星なのか。
まず、火星とはどんな星?どんなイメージ?というnicoさんからの投げかけで進んでいきました。



闘争心や攻撃性というキーワードをよく目にしますが、私は火星のことを、「欲しいものを獲得する力」だと捉えています。




いかにして獲得するのか。その獲得する形、方法、やり方は火星のサインに現れています。火星そのものは、欲しい!という時に欲しいと言わせる力、欲しいものに向かって行ってつかむ力。そして、火星は女性にとってはなかなか扱いづらい天体でもあります。




もともと火星は男性性を表す星で、女性性は金星や月です。火星は外に向かって自分を主張したり、嫌なものを弾いたりする時にも使う星です。月や金星は、受け止める星。もともと女性は受け止める性質を持ちますから、火星よりは、好きなものを味わい、楽しむ月や金星の方が馴染みやすいわけです。




nicoさんや、この火星プロジェクトに携わっていらっしゃる「みねんこ」さんや、その他の皆さまが、口々に火星のことをお話されて、nicoさんがまとめておられました。



自分のこと、自分がやっていることを否定された経験


自分を受け入れられなかった経験


どうせ受け入れて貰えないと感じた時


何か大事なものに出会えた時に火星が発動する


社会に向かって突破する力


私はここにいる!と訴える力


欲しいものを欲しいと言う力、手を伸ばせる力


自己存在の力




実際に私が火星を使ったと実感出来るのも、「悔しい!」という思いをしたからでした。



何故、東京や大阪ばかりなのだろう。
何故、名古屋には無いのだろう。
何故、アイデアを簡単にさらっていくのだろう。
何故、やってもいないのに、さも全てをわかっているかのように言いやがるのだろう。実際にお前がやってみろ。
何故、出来上がった完成品ばかりを崇めるのだろう。




あらら、口が悪くてごめんなさい。火星を使っていますからね、つい(笑)



先日、私が広島でワークショップ会場を探していた時に、占星術講座を開催すると伝えたら断られた件も、火星が発動しました。絶対にやってやるぜ!見てろ。コンチクショウ...と思った直後に。




悔しい思いをしたからこそ、自分の場を作ろうとします。自分にとって最も欲しいと思う場所を。結果的に、火星は自分を愛する力にも繋がります。

 


火星は愛の星です。愛し方の好みを表す星です。悔しい思いをした経験以外にも、目の前の存在の力になりたい、助けたい、守りたいと思った瞬間にも、火星は発動します。




火星は約2年周期でホロスコープを一周します。これは、物事が発動し、形になるまでのサイクルが2年であることが多く、それゆえ、火星を活用しやすいのだそうです。




やると宣言し、実行し、形になるまでに2年をかける。今日はワークショップの最後に、全員で2年以内に実行したいことを幾つか宣言し、終了したのでした。この渾身の、nicoさん達が創られた火星ワークシートを使って。




私は、3ヶ月で脚を細くしてハイヒールを買うこと、そしてヨーロッパへ行き、星のお話会またはセッションをすることを宣言して参りました。脚とハイヒールは、本当に些細なことでしょう?いいのです、欲しいものを欲しいと言う力ですから。火星が養われるのです。




男性にとっては、女性は火星を使わなくてもいいという方もいらっしゃいます。火星よりは、金星を使って楽しく発散した方が良いという考え方もあります。どちらを使うかは、自分で決めていけば良いのではないでしょうか。




このワークショップは3時間半、時間を延長して4時間でしたが、とてもたくさんの内容が詰まっていて、今夜の記事だけでまとめるのは勿体無いため、何度か書いていきますね。




何だか火星のムードで一気に書いてしまいました。




体温が上がったので、講座の後は、金星でクールダウンしました。地上から地下鉄の駅へ降りる半地下のところに、とても素敵な珈琲館を見つけたのです。給仕の女性がとても可愛らしく、声も抜群の可愛らしさで癒されました。



美味しい珈琲とフワッフワの小倉トースト。ああ、やっぱり女性は金星が好きなのかも(笑)こればかりは、もうどうしようもない。



nico先生、皆さま、本当に素晴らしい講座をありがとうございました。また学びに行きます!

{89319959-667D-48F2-B56E-F48A08012F06}