ばーど@イヌ・サンローラン・アケミ cinéma LIFE 映画が教えてくれたこと

映画は人生だ!映画は世界だ!映画はわたしのすべて!
試写会・映画館で観た映画の健忘録(DVD鑑賞はKINENOTE、filmmarks、coco)
気軽にからんでください気軽にコメントしてください


テーマ:
アンジェラの灰
{F698478E-CDA4-46CA-A889-4030DBF9AFBB}

パッケージとアラン・パーカー監督作というのでレンタル。




『ミッドナイト・エクスプレス』『エンゼル・ハード』『バーディ』など、好きだったな。






1930年代の世界大恐慌時代から始まる。




アイルランドの空のように、これでもかってぐらい陰鬱な映像。貧しくとも愛のある、なんて言葉がちゃんちゃら可笑しく感じるぐらいな極貧地獄。





てか、こんなビンボーなのに、次から次へと子供を作っては、亡くし、作っては亡くしを繰り返してる(赤貧で食べるものも満足にないから)。もうお金ないんだから作るのやめたらいいのに、って思うんだけど…







そして喰うにもことかいてるのに、この父ちゃんときたら、金が入ると呑んぢゃうのだから、ダメ亭主、ダメオヤジこの上ない。だからと言ってこの家族は父ちゃんのことが嫌いではないのだ。逆に色々なお話しをしてくれる父ちゃんが大好きなのだ。





でも父ちゃんは、結局、居場所がなく(多分)、だからイギリスに出稼ぎに行って、一度帰ってきたきり、もう2度と帰ることはなかった。




そしてそれからは母と子供だけで従兄の家に身を寄せ、てか、この従兄が嫌な奴で、金がないなら、カラダで払えと、母親のカラダを弄ぶ。




そんな光景を見ていられない長男は家を出て叔父さんの家に身を寄せる。そして学校を辞め、働き、秘密の内職で得た金でアメリカに渡って、教師になった。って話なんだけど、もう、暗いし、悲惨だし、救いも、光も、全くなく、見てるこっちまで辛くなってしまうシーンの連続。それも145分。





もう、観終わると、ぐったり






タイトルのアンジェラとは母親の名前。この物語はアンジェラの長男のフランク・マコートが書いた自伝的小説の映画化。なのでこの長男の視点で描かれている。






エイミー・ワトソンとロバート・カーライルが夫婦役を演じ、この2人がいいのはもちろんだが、子供たちの演技も健気で良かった。特に幼少期を演じた子役たち。















シング

{C1761584-F8B9-4EF0-8BC3-1AFB45B8A096}
今年はミュージカル映画が多くない?





ユニバーサルス・タジオ×イルミネーション・エンターテイメント制作。





動物を擬人化したキャラクターもお茶目で、キュートだし、楽曲も、そのほとんどがみんなが知ってるようなヒット曲で、口ずさみながら、ノリノリで観られる?ハッピーなミュージカル作品。個人的にはスティーヴィ・ワンダーの『Don't You Worry 'bout a Thing』が良かった、と言うか、単純に好きな曲なので。



経営難な劇場の支配人は、なんとか劇場を復活させようと躍起になる。そして歌のコンテストを開催すれば人が集まる!とコンテストを開くのだが…、秘書が優勝賞金額を間違えて印刷してしまったから、さあ、大変!街中の歌自慢が押し寄せるのだが…




えーっ、そんなお金ないよー((((;゚Д゚)))))))






そんなこんなでもコンテストは順調に進むかのようにら見えたのだが…





あら、大変…





お金がないことがバレ、更には劇場は流されちゃうし…びっくり






どーなるの?






それぞれが夢に向けて、それぞれが出来ることを精一杯やった結果…





最後は見事、復活!









ってことで、予定調和的なベタベタなストーリーですが、多種多様な動物たちが演じることで、ファンタジーに昇華し、カタルシスを感じさせるんだろうな。





わたしは字幕版で観ましたが、吹替版も豪華で評価が悪くない。逆にいいんですよね。吹替版でも観ればよかったチュー














ペタしてね

 

 

 

  

どくしゃになってね!

 

 

 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ばーど@イヌ・サンローラン・アケミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。