いつもご訪問ありがとうございます。

バイオシャークゼネラルフーズのスタッフですウインク

 

前回の記事で、お酢が良いと言われる理由について調べました。

お酢を摂取する事により、食事で得たミネラルをしっかり吸収し、

腸内環境を整えて便秘の悩みも解決しつつ、

疲れにくい体になる事が分かりました。

 

そんなお酢の特長を活かすには、たくさん種類があるお酢の中でも

自分に合ったお酢を選ぶことが大事だと思いました。

そこで今回は、世の中にあるお酢を種類別に分類してみました!

 

■お酢は大きく分けて2種類ある

お酢は食酢品質表示基準によると、大きく分けて醸造酢合成酢があります。

醸造酢は原料(こうじ菌や酵母、酢酸菌)により造られ、

合成酢は科学的に合成された酢酸(氷酢酸)を水で薄めて、

うまみ成分や化学調味料、人工甘味料などを加えて味を調えた酢になります。

このほか、お酢をベースに調味料を加えて調えたすし酢や土佐酢、甘酢などの

合わせ酢もあります。

 

現在、ご家庭にあるお酢のほとんどは醸造酢で、合成酢は醸造酢よりも

味わいに大きな差があることからほとんど生産されていないのだそうです。

醸造酢は原料によって「穀物酢」と「果実酢」に分類されます。

 

 

穀物酢

「米酢」「大麦黒酢」「米黒酢」などがあります。

酵母菌により原料の糖分をアルコールに変化させ、

さらに酵母菌を加え、熟成させて造ります。

1リットルにつき40g以上穀物を使用したものになります。

 

穀物酢はさっぱりとした爽やかな味なので、あらゆる料理に合います。

米酢は主に寿司や酢漬けなど、お酢の味をそのまま生かすような料理に

使われますが、大麦黒酢、米黒酢などは水で薄めて飲んだり、ドレッシング

として使う事も出来ますひらめき電球

 

 

■果実酢

「りんご酢」「ぶどう酢」など様々な種類の果実酢があります。

1リットルにつき1種類または2種類以上の果実の搾汁を

300g以上使用したものとなります。

 

果実酢はジュースみたいな風味なので、炭酸水に入れて飲んだり、

サラダにかけたり、調味料としても使えます。

果実酢は、お酢に加えて果実自体の良い効果も得られるので、

日ごろから果物を食べる機会がない方にはオススメかもしれませんニヤリ

 

 

腸内環境や疲労回復等の効果があるお酢の力を効果的に取り入れる為にも

長く続けられる自分に合ったお酢を見付けたいですね!!

 

ちなみにお酢は酸が強く、飲むと胃を傷つけてしまう場合があるので、

食事中や食事後に摂取するなど、タイミングには十分に注意してくださいね。

疲労回復の効果を高めたい場合は、代謝が活発になっている運動後に

飲むのがオススメですルンルン

 

 

 

ペタしてね

 

 

      blogramによるブログ分析

 

 

 

バイオシャーク サメ軟骨 健康食品

 

 

 

お酢は健康に良い

テーマ:

いつもご訪問ありがとうございます。

バイオシャークゼネラルフーズのスタッフですウインク

 

 

「 お酢は健康に良い 」

 

このことを一度は耳にしたことありませんか?

生食が多い日本では、寿司や酢の物、酢漬けなどの和食に酢が使われてきました。

健康に良いイメージはあるものの、慣れ親しんでいるこの「 お酢 」が、

どのように体に良いのか、その理由を調べてみました。

 

 

■酢はなぜ体に良いの?

お酢の味の特徴としては、酸っぱいことが一番の印象かと思います。

この酸っぱさのもとは酢酸で、酢の成分のほとんどを占めています。

 

その酢酸が体内に入るとクエン酸に変化し、身体の疲れや肩こりの元となる

乳酸を分解するので、疲労回復に効果があります

少し前に流行っていた黒酢もそうですね音符

 

そのクエン酸は食べ物を活動のためのエネルギーに変える時に役立つので、

エネルギー源の糖質と一緒に摂取して、さらにビタミンB1も一緒に摂取すると、

ビタミンB1が糖質の代謝を促す為、スタミナアップと疲労回復のダブル効果!

お酢と糖質を一緒に摂るのであれば、やはり「寿司」ですよねニヤリ

さらに酢のクエン酸には体内に吸収されにくいミネラル成分と結びついて、

吸収されやすい形に変える「キレート作用」もあります!

 

さらにさらに!!

お酢には腸内環境にも良い影響があります。

抗菌作用の影響で、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やします。

そのおかげで腸のぜん動運動が活発になり、便秘が解消されやすくなります。

 

つまり、お酢を摂取することで、食事で得たミネラルをしっかり吸収し、

腸内環境を整えて便秘の悩みも解決しつつ、疲れにくい体になるので、

お酢は体に良い!と言うコトになるんですねルンルン

 

健康維持のためには毎日摂取することが望ましいですが、

取り過ぎると胃に負担が掛かってしまうこともあるので、

一日にスプーン1杯~2杯を目安に飲むのが良いと思います。

 

食事中か食事後に飲むのがオススメですが、運動中やお風呂上りに

飲むのも新陳代謝がアップしやすくなりますので、こちらもオススメですキラキラ

 

そしてご紹介したお酢と一緒にぜひとも飲んでいただきたいのが。。。

夏におすすめのバイオシャーク力の泉です!!

お酢と同じく、疲れたときの味方になってくれますよ音符

 

夏におすすめ!バイオシャーク力の泉

 

 

 

ペタしてね

 

 

      blogramによるブログ分析

 

 

 

バイオシャーク サメ軟骨 健康食品

 

 

 

いつもご訪問ありがとうございます。

バイオシャークゼネラルフーズのスタッフですウインク

 

3月ぐらいから花粉の飛散量がピークとなっているスギ&ヒノキ花粉が

そろそろ落ち着いてきますが、5月中旬頃からはイネ花粉に注意です!

イネ花粉はスギ&ヒノキ花粉のように遠くには飛びませんので、

イネ科の草木に近寄らなければ、花粉症の影響はないそうです。

 

ただし油断は禁物ひらめき電球

外出時にはマスクや眼鏡、帽子等など対策していきましょう。

帰宅時の手洗い、うがいも心掛けていきたいですね。

 

 

花粉は春から秋口にかけて飛んでいる為、体調を崩して咳をしたり

熱を出したりすると、花粉の影響なのか、風邪の症状なのか、

原因が分からなければ判断つきませんよね。

そこで、花粉症風邪の特徴を調べてみました。

 

<花粉症>

くしゃみが連続で出る

鼻水は無色で水っぽく粘性が低い

・熱が出ても微熱程度

・目のかゆみがある場合がある

・外出すると症状が強く出る

・症状が1ヵ月以上続く

 

<風邪>

くしゃみは単発的

鼻水は粘性が高く、有色

・熱は微熱~中程度

・症状は6日~10日程度で治まる

・目のかゆみは無い

 

花粉症と風邪の特徴において、くしゃみや鼻水は特に差がありますね!

ぜひこの症状の差を参考にして頂いて、体調を崩した際にはどちらか判断できる

ようになれば、すぐに対処できますねルンルン

ただし、同時に発症することもあるそうなので、注意して下さいね。

 

 

ちなみに近年、花粉症に良い栄養素が明らかになってきています。

それは腸内環境を整える作用のある食物繊維乳酸菌発酵食品だそうですキラキラ

腸内環境を整え、身体の免疫力をアップさせる事は大事なのですね音符

 

気温や気圧の変化が大きくてストレスが多い時期でもありますので、

腸をコントロールすることでストレスやアレルギーに強い体を作っていきましょう!!

 

 

 

ペタしてね

 

 

      blogramによるブログ分析

 

 

 

バイオシャーク サメ軟骨 健康食品