少しの間 ブログ/お問い合わせ対応などの業務をお休みしています。

 

 

今週末より 再開いたします。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!

【1038名ご登録】「50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術」7日間無料メール講座(ご登録特典付き)

ハンドマッサージクシオビオネイルBioNail

 

<執筆中です!>


最近よく、「えみさんが2度めの開業をした時、実際に何をやっていたのか知りたい」というお声が続きまして。

 

開業前のお客さん0から、64万売り上げて軌道にのるまでの6ヶ月間。実際に何をやっていたの?

 

を、ありのままの時系列でまとめてみています。

 

読みたい方、いますでしょうか・・・?

 

 

2度めの開業前は、ロンドンにいたのでお客さんも0だし、帰国して自宅すら無く。

 

六本木にある知人の会社で寝泊まりして、ドライヤーがなかったので、ミッドタウン脇の公園で髪の毛を乾かしていたら、別の友人が見兼ねてドライヤーを買ってきてくれた・・

 

(お金は開業資金に当てたかったので、すごい節約していたのです)

 

そんな感じで失うものは何もなかったのですよね・・

 

 

だからこそ、誰の顔色もうかがうことなく、気を使うこともなく。

 

やりたいことをやって、喜ばれて、儲けよう!が実行できたのかもしれません。

 



{9C2820B9-638B-44E6-89AD-3925358CE525}

ネイルサロンを開店すると、営業電話が増えますよね!

 

営業電話がすべて悪いものではありませんが、お客様対応中に何度も同じ業者から電話がかかってくるのは煩わしいですよね。

 

お客様の前で、あからさまに冷たい対応もしずらいです

 

 

そこで、今日はオープンして間もない方へ、私なりの営業電話対策を書いてみました。

 

・話しを聞かない

 

そもそも電話口で話しを聞かないこと。

 

5秒以内に切る。

 

 

丁寧に対応して、話しを聞いてしまうと

 

『ここは話しを聞いてくれる。見込みがある』

 

と思われてしまいます。

 

あなたの対応も情報収集され、さらに電話がかかってくることになる可能性もあるので、どんな内容であれ長話は要注意。

 

 

・とりあえず、で営業マンを店に呼ばない

 

「とりあえず話を聞いてみようかな」くらいの気持ちでサロンに呼んだ結果、契約するまで帰らず、押し切られてしまった。

 

そのようなことは想像以上に多くあります。

 

契約してしまったけど対処法はあるのか?

 

ひとりでは解決できないときはご一報下さい!!

 

解決方法を検討し、力になれるかと思います。

 

 

・雑誌掲載依頼も営業だと知る。有料広告の営業電話です!

 

本当の取材依頼、雑誌掲載依頼なら、費用はかかりません。

 

有料広告を載せてもいいですよ。

 

ただし一人のサロンの場合の費用対効果は・・いいものではありません。

 

 

◎おすすめの対策方法

 

・ブログやホームページに掲載する時、予約専用電話番号と書く

 

・営業電話がかかってきた際に、言うセリフを決めておく

 

「必要ありません。失礼いたします」とか。

 

 

優しい方ほど、丁寧に対応してしまって、悩んでしまうようですね。

 

こういった対応もサロンオーナーとしての役割と割り切って、たくましくなっていきましょう!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サロン開業後の行き詰まりを解決する唯一の方法!

【1038名ご登録】「50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術」7日間無料メール講座(ご登録特典付き)

 

ネイルサロン開業プロデュース