こんにちは。

 
夏休みの方は、お休みを満喫されておりますでしょうか。
 
私は本日、息子と自由研究をしましたおねがい
 
 
ところで皆さまは、このお花をご存知でしょうか。
 
 
 
アサガオのようなこのお花は、タイハーブとして人気の「バタフライピー」。
 

「バタフライピー 」は熱帯地域に生息するマメ科の植物で、色鮮やかなコバルトブルーが印象的”青いハーブティー”として注目されております。

(先日宿泊した温泉でも、ご提供されておりましたおねがい)

 

 

 

 

そして綺麗な見ためだけでなく、高い健康&美容効果も人気の理由の一つ。

バタフライピーには、ポリフェノールの一種である“アントシアニン”という色素が多く含まれおり、眼精疲労にとてもおすすめです。

また、“アントシアニン”の高い抗酸化力により、肌老化が抑えられ、シワやくすみを和らげるなどのアンチエイジング効果も期待されております。

 

 

 

 

そして本日は、この色鮮やかで美容効果も高いハーブ「バタフライピー 」の特徴である、酸味成分“クエン酸”と反応し、コバルトブルーから紫色(赤紫色)へと色彩の変化すること、を楽しむ実験を致しました。

 

 

 

 

準備をしたのは、バタフライピーのハーブティーとクエン酸が豊富な"レモン"と"梅干し"。

 

 

 

 

息子は何が起きるのかドキドキ&ワクワクキラキラ

綺麗なコバルトブルーにレモンを加えると...

 

 

 

 

あっという間に、綺麗な青色から赤紫色へと変わりました。

 

そして次に、梅干しを入れると、すぐには色の変化はありませんでしたが、良く混ぜると、少しだけ、ほんのりと赤くなりました。

 

 

 

 

このようにクエン酸による色彩の変化を観察する実験は大成功。

そして色の変化を楽しんだあとは、クエン酸が加わり、ますます健康や美容効果が高まったハーブティーを美味しくいただき大喜びでしたキラキラキラキラキラキラ

 

 

 
 
その後、私はもう一つ試してみたいことがあり、引き続き実験をしてみることにおねがい
日頃、常飲している、ビタミンCの爆弾とも言われるハーブ「ローズヒップで、どのくらい色が変化するのか(きちんとビタミンCが抽出されているのか)を調べてみました。
 
 
 

 
 
すると、ローズヒップを加えたバタフライピーのハーブティーは、1時間もすると綺麗な赤色に変色ウインク
 
 

 

 

 

やはり、ローズヒップには、たっぷりとビタミンCが含まれており、また、きちんと抽出されていることが分かり、嬉しくなりましたおねがい

 

 

バタフライピーは、ほとんど無味でクセがなく、ほのかにお豆の香りを感じるお味なのでとても飲みやすいハーブティーです。

 

そのまま飲んでも美味しいですが、これからの時期は、胃腸の調子を整え、リラックス効果のある"ミント"を添えて、スッキリとした味わいのハーブティーとしていただくのもおすすめです。

 

 

 

 

 

そしてご興味のある方は是非、疲労回復やビタミンC補給としても嬉しい“クエン酸"を加えて、色彩の変化をお愉しみされてみてください。

 

 
それでは皆さま、今日も良い1日となりますように...
 
本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました付けまつげ