こんばんは。
 
猛暑日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしされておりますでしょうか。
 
本日は、日本最大級オーガニックの祭典ともいうべくオーガニック ライフスタイル EXPOへお伺いして参りました。
 
 
 
 
第4回目の開催となる「オーガニック ライフスタイル EXPO」は、オーガニックの裾野を広げ生活に根付くこと目的とし、5つのテーマを掲げゾーンを展開されおりました。
 

まず1つ目は、生命の原点である”種”の大切さを知り、食材の在り方を見つめ自宅で簡単にできるオーガニックガーデンを楽しむためのヒントをご紹介される「キッチンガーデン」。

 

 

こちらでは、キッチン(住宅)を作る建材や塗料なども全て天然素材で作られるハウスメーカー"無添加住宅"さんのご紹介や、

 

 

 

また、食べられる天然素材の建材で作られたテーブルやお椅子で、自然栽培の小麦からストローを作るワークショップを開催。

 

 

 

 

その他、オーガニック種子や栽培キット、無農薬・減農薬で育てられたこだわりのお野菜やスパイス、調味料やスイーツなど..."食"に関連する様々なアイテムがお披露目されておりました。

 

 

 

 

 

また、スーパーでもお見かけする機会の増えた、あづま食品さんのオーガニックの納豆“有機そだち”のご紹介もなされておりましたおねがい

 

 

 

 

 

2つ目のテーマは、ナチュラルコスメプロデューサーである小松和子さんの監修された25社のコスメブランドが揃う「リアルオーガニック・ナチュラルコスメゾーン」。

 

 

こちらでは、私の大好きな女性の一人である ORGANIC MOTHER LIFE代表 坂田まことさんも、コスメやサロンのご紹介でいらしておりました。

 

 

 

 

その他、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダに基づくコスメや、オーガニックのハーブをふんだんに使用したスキンケアやヘアケア用品など気になるブランドがたくさんありましたおねがい

 

 

 

 

そして3つ目のテーマは、家畜のストレスをできる限り少なく、健康的で過ごしやすい生活ができる飼育方法をめざす畜産”アニマルウェルフェア(Animal Welfare)”の考えを推奨される生産者さんが、"食の大切さ"をご紹介される「アニマルウェルフェアゾーン」。

 

 

 

 

草食動物の牛に動物性の餌をあげたり、抗生物質などの投薬をするなど...”生産性の向上”を優先することは動物にも痛みやストレスを与えてしまいます。

畜産生産者さんのお話をお伺いしながら、のびのび過ごせる生育環境でより自然に近い畜産品(お肉や卵、乳製品)を生産することは、私たちの健康のためだけでなく、生きもののためにも大切にしていきたいことの一つ。

自然な飼育環境が整って欲しいなと痛切に感じました。

 

 

その他、わんちゃんや猫ちゃんのための、無添加で作られたパンやごはん...

 

 

 

 

また、オーガニックのシャンプーや、愛犬用のオーガニックで完全無添加のデトックス系サプリメントのブースもございました。

  

 

 

 

 

 

 

続いて4つ目のテーマは、有機農業を目指し新規就農する生産者を応援する、未来を繋ぐ「新規就農者応援ゾーン」。

 

 

 

 

 

そこでは“大地にやさしい農業”を志す農家さんが、全国より30組集まり「土を継ぐ」をテーマに、大地をどのように次世代へ残していきたいのか、また土から作ったこだわりの旬野菜や加工品をご紹介して下さいました。

 

 

 

 
 
土に触れてみたり、生産者の方々より直接お話をお伺いし、農業への熱い想いを感じることができました。
 
 

 

そして最後は、「エシカルファッション雑貨コーナー」です。

環境や動物に負担をかけないオーガニック素材やリサイクル素材を使用し、生産者さんの労働条件や公正な賃金が守られた生産がなされ、更には地域の伝統技術・製法を継承した文化的価値の高い素材や製法で作られた”エシカルブランド”が集結し、衣類やバッグなど世界中から厳選された雑貨をお披露目されておりました。

 

 

 

 

その他、海を汚すプラスチックごみを減らすために注目の”プラスチックフリー”なライフスタイルに欠かせないアイテムのブースもおねがい

 

 

 

 

 

 

このように、「オーガニック ライフスタイルEXPO」は今回もまた、自然に優しく心地よい"衣食住"を体感することのできる素晴らしい祭典でした。

そして、オーガニック業界の現状を知ることができたと共に、今後の展望に、より期待で胸が膨らむ貴重な経験をさせていただきました。

 

 

 

 
私たちが購買することで市場が変わること。
共に暮らす自然を大切にするために、私たちが出来ること。
 
小さな積み重ねを続け、子どもたちの未来のためにも、丁寧な暮らしをしたいなと改めて感じる一日でしたおねがい
 
 
▽オーガニックの飲食に関する今後の展望にご興味のある方は、こちらをご覧になられてみてください。

 
皆さまも、いつまでも快適な日々でありますように...
 
本日も、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました付けまつげ