こんばんは。

 

連休明けの1週間もやっと終わりましたね。

我が家も少しずつ、いつもの身体のペースを取り戻しつつあります照れ

 

外食では、添加物や味付けが気になり「少しにしてね。」と息子のお料理の量を制限してしまうことばかり。

 

そこで本日は、「大盛りで食べていいよ!」と言ってあげられる、息子の大好きな”ケチャップ風ライス”を作りました。

 

 

 

 

市販のケチャップは、白砂糖や塩分、食品添加物が気になりますが、お野菜の旨みとスパイス、そして、身体に優しいきび糖で作るケチャップ風ライスは安心していただけます。

 

「ケチャップ風ライス」の作り方

【材料】

・玉ねぎ 1/4個

・セロリ 1/4本

・大豆ミート(鶏肉でもok) 50g

・ミニトマト 10個

・ごはん 軽く2膳程度

 

・米油 大さじ1

・きび糖 ふたつまみ

・シナモン 小さじ1

・お塩 適量

・胡椒 適量

・バジル お好みで

 

 

【作り方】

 

 ①米油をフライパンで加熱し、玉ねぎがほんのり飴色になるまで炒める

 

 

 

② ①にセロリ、お湯で戻した大豆ミートと半分に切ったミニトマトを入れ、お塩を加えて炒める

 

 

 

 

③全体がしんなりとなり水分が出てきたら、きび糖とシナモンを加えて炒め、トマトを潰しながらひと煮立ちさせる。

水分が少ない場合はお水や野菜出汁を加える。

(私は、一緒に作っていた野菜スープのお出汁を加えました)

 

 

 

 

④ ③にごはんを入れ、全体が馴染むように炒めたら、お塩と胡椒でお味を整え、器に盛り付ける。

 

 

 

 

ケチャップを使わずに、玉ねぎの甘みトマトの酸味、そこへミネラルたっぷりのきび糖を加えるだけで、身体に優しいケチャップ味の完成です。

 

 

息子もケチャップ風ライスが大好きで、本日もあっという間に完食してくれましたキラキラ

 

 

 

 

セロリの食感やお味を愉しめ、甘さが控えめ、そして、隠し味のシナモンがアクセントとなり、我が家では大人にも人気の一品です。

今回は、ご飯と一緒に炒めましたが、ご飯を加えずにそのまま水分を飛ばし、バケットに添えていただくと、ワインのお供にも良いかなと思います。

 

 

皆さまも、是非、素材を活かしたシンプルなお料理「ケチャップ風ライス」をお試しされてみませんかおねがい

 

 

 

 

▽きび糖で作る「いなり揚げ」の作り方

 

 

それでは皆さま、今夜も癒える夜となりますように...

 

本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました付けまつげ