こんにちは。

 
皆さま昨日は、桃の節句を感じられる日をお過ごしされましたでしょうか。
 
 
おひな祭りで、はまぐりのお吸い物を召し上がられた方もいるかと思います。
ところで、何故「はまぐり」をいただくかご存知でしょうか。
 
 
 
 

「はまぐり」に込められた想い。

蛤(はまぐり)の貝殻には、いくつもの線が見えます。これははまぐりが成長した証
貝殻のしま模様は、樹木の年輪のようなものなのです。
そして、はまぐりの2枚の殻は一対になっており、他の貝とかみ合うことはありません
平安時代には、はまぐりの貝を使い、絵を描いたはまぐりの片割れを探す「貝合わせ」という絵合わせ遊びがなされていたほど、はまぐりの殻は対となっております。
このことより、”生涯お一人の方へ添い遂げるように...”という願いを込め、お雛祭りにいただくようになりました。
 
 
 
 
 
 

まさに今、”お雛祭り”の時期が旬。

そして、春(2〜4月)が旬のはまぐり。
はまぐりには、疲労回復を促す”タウリン”、デトックス効果のある”亜鉛”、"カルシウム"や"鉄分"が豊富に含まれております。
そして、中医学では、身体のお熱を冷まし、潤いの働きがあるため喉の渇きを潤すと言われております。
そのため、呼吸器系が弱い、また足腰がだるい、足がほてる、寝汗やのぼせにお悩みの方におすすめの食材の一つです。
 
このような栄養をまるごと頂くには「お吸い物」が一番。
 
 
ということで我が家でも、
 
 
息子の健やかな成長を...。
そして、いつか息子が、対となれる素敵な女性と出逢い、大切にすることの出来る男性へ成長することを...。
願い、「はまぐりのお吸い物」を頂こうと思います^^
 
 
 
 
 
一人っ子の息子。
将来、恋愛や結婚に興味があってもなくとも、対となれるくらい心から寄り添うことのできる、パートナーや心友と出逢うことができたらいいなと思います★
 
 
 
皆さまも、季節の風物詩の一つ「はまぐりのお吸い物」をいただき、縁起を担ぎ、そして、栄養をたっぷりとチャージされてみませんか★
 
 
 
 
それでは皆さま、今週も良いスタートとなりますように...
 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました付けまつげ