理想の体温は36.5℃ ~温活~ | より健康で、より美しい生活へ 

より健康で、より美しい生活へ 

     バイオエステート公式ブログ 
~世界遺産・富士山の恵み溢れた静岡から世界へ~         


テーマ:

理想の体温は36.5℃ ~心も体も温かい女性に~


人間の理想の体温は36.5℃から37.0℃。最近は「温活」という言葉が一般的になるように冷え性の女性が増えています。体温が1℃下がると免疫力が30%低下します。冷えは万病のもと。冬場の体調不良のほとんどが「冷え」が原因だそうです。冷えが招く身体の不調・原因・改善方法(温活)を知って心も体も温かい女性になりましょう♡



冷えが招く身体の不調




・太りやすくなる

身体が冷えると巡りが悪くなり老廃物を外に出す力が弱くなります。また、代謝が下がり脂肪が燃えにくくなるので太りやすく痩せにくくなってしまいます。体温が1℃下がると基礎代謝が12%下がります。

・肌荒れしやすくなる

冷えることで新陳代謝が下がるので体だけではなくお肌の代謝=ターンオーバーも悪くなります。にきびやシミができやすくなり、血行不良によりくすみやクマが発生して老けて見えたり、疲れて見えたりする原因にもなります。

・生理痛や女性特有の不調が増える

生理の時のあの痛みは血流が悪くなることで子宮などの内臓に必要な栄養や酸素が届きにくくなり、ホルモンが正常に分泌されなくなるため起きます。ホルモンバランスが崩れればPMS・妊娠・更年期障害などの女性特有の悩みも増えやすくなります。


冷えの原因


昭和30年頃の日本人の平均体温は36.9℃。赤ちゃんや子供は冬場でも汗をかきながら遊んで冷えとは無縁です。このことから分かるように、冷えは後天性で生活習慣による原因が大きくなります。現代は暖房設備が整い自分で体温調整する必要が減りました。また、女性には女性だからこその冷えの原因があります。






・ダイエット

ダイエットのために食べる量を減らせば栄養不足・栄養バランスが崩れエネルギーが作られにくくなります。そのため、熱が作られにくくなり冷えやすくなります。また、食べないことで貧血にもなり、さらに血の巡りが悪くなって冷えやすくなります。

・筋肉量が少ない

女性は男性に比べて筋肉量が少なく筋肉がつきにくい体の構造になっています。筋肉には体の熱を作り出す役割も担っています。筋肉が作り出した熱によって温められた血液が全身を巡ることで体温を保てるのです。また、女性は妊娠・出産のために脂肪を蓄えやすくなっています。脂肪は一度冷えるとなかなか温かくならない性質もあります。

・女性ホルモン

体温を調節するのは自立神経です。この自立神経は女性ホルモンのバランスに大きく影響されます。女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経も乱れて血行も悪くなります。女性ホルモンのバランスが大きく変化する中学生頃から自立神経のバランスが崩れやすくなり冷え性になりやすくなります。

・生理と女性特有の内臓

毎月の生理は一時的に血液量が減ることになります。生理中は赤血球で運ばれる酸素の量が減るため、食べ物が分解されにくくなり体のエネルギー源が不足して冷えやすくなります。

また、卵巣や子宮という女性特有の内臓は血液が滞りやすいと言われています。女性は体の熱が運ばれにくい構造になっているようです。

・薄着ファッションの流行

ミニスカートやシースルー素材のお洋服はかわいいですよね!ただ、薄着ファッションは体を冷やす大きな原因です。また、お洋服をきれいに着こなそうとして体を締め付けるようなキツイ下着は血液の循環が悪くなり冷えの原因となります。



温活のやり方





・朝起きたら白湯を飲む
朝起きてすぐにコップ1杯(100~150CC)程度の白湯を飲んでみましょう。睡眠中に失った水分補給と体の内側から温めて代謝を上げる効果が期待できます。また、腸を刺激してぜん動運動を促しお腹の調子を良くする効果が期待できます。

・お風呂に入る

冷えの改善のポイントは血行促進です。そのためにも毎日湯船につかるのが有効です。お湯につかると体が温まるだけではなく全身のコリもほぐれていきます。ぬるま湯(38~40℃)にゆっくり入り体の芯から温まりましょう。

・首を隠す

首=首・手首・足首・くびれ 首は皮膚が薄く外気に触れる機会が多くなります。特に首や腰(お腹)には太い血管が通っています。お腹の中(内臓)は37℃に温まると代謝機能が活発になります。

・体を温める食材を食べる

にんじん・れんこん・ごぼう・根菜類・玄米・みそや納豆などの発酵食品・しょうが・にんにく・唐辛子・玉ねぎ

迷ったときは冬が旬・寒い地方で採れるものを選んでください。また、色が黒っぽいもの・暖色のもの・地面の下にできる根菜類やイモ類も体を温める性質があります。

・体を温める飲み物を選ぶ

ほうじ茶・中国茶・紅茶・ワイン・日本酒

発酵されたものは身体を温める性質があります。ただし、アルコールは飲み過ぎると却って体を冷やしてしまうので飲む量に注意が必要です!おすすめは紅茶にすりおろした生姜を適量入れた「生姜紅茶」です。生姜の摂取目安は1日10g。スライスなら6枚・おろしは小さじ1杯程度です。生のしょうがは却って体を冷やすので乾燥させたり熱を加えて使って下さい。

・ストレッチと少しの運動

身体を温める熱生産の3割は筋肉からと言われています。朝起きた時や夜寝る前に簡単なストレッチをして筋肉をほぐすと血の巡りがよくなります。また1駅

手前で降りてみる・階段を使ってみるなど出来ることが少しずつ始めて運動する習慣をつけるようにしま

しょう!


まとめ




現代の生活は冷えになりやすい生活習慣なんですね。昔の生活に戻すことはできないので、今ある環境を最大限利用しましょう!サプリメントは現代社会だからこと取り入れられる1つの方法です。


「36.5℃」

主原料に金時生姜末を使用しています。生姜にはジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンという3つの辛味成分を含みます。金時生姜に含まれるジンゲロールは一般の生姜の2~8倍以上と言われています。このジンゲロールは非常に高い抗酸化作用があります。さらに、辛味成分ショウガオールは血液を拡張し血流を良くする働きがあります。一般の生姜より配合有効成分量が多いことから冷え性の改善やエネルギー代謝を上げる高い効果が期待できます。







代謝が上がると体も温まります。代謝促進に大きく影響する酵素は年齢とともに減少するので食事やサプリメントで毎日補うことが大切です。


「活性酵素」

3000種以上の酵素群を含んだ活きてる酵素です。酵素は熱に弱いので特殊製法で粉末化させました。酵素の力を実感できなかった方にぜひお試しいただきたい商品です。

04



「活きてる酵素だし」

酵素でありだしでもあります。白湯は慣れないと飲みにくいので朝起き抜けに1杯飲むのもおすすめです。粉末タイプのサプリメントが苦手な方・もっと手軽に酵素を摂りたい方におすすめです。


06


製品の詳しいお問い合わせはこちらへ

弊社ホームページ














ヘルス・コンシェルジュさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス