シンガポールの警察は、ナイジェリア人のボーイフレンドとその友達(ナイジェリア人男とタイ人女)に唆されてドラッグミュールにされ、羽田空港で逮捕されたシンガポール人女性の話を短いドラマにして警告をしてます。

 

骸骨ストーリー骸骨

20代OLのMenaはサッカー場でTimというナイジェリア人の男と知り合い、付き合いをはじめる。Timはサッカークラブではなく、別の目的をもってそこに来ていた。Tmは何も代価を求めることなくMenaに高価な贈り物をくれたり、高級なレストランで食事をごちそうしてくれたりした。しばらくして、ナイジェリア人彼氏の友達(ナイジェリア人男のVincentとタイ人女のEva)2人とも知り合い、彼らと一緒に食事しながらMenaがどんなことをしたいと思っているのかを巧みに聞き出していった。Menaは日本に行ってみたいと言った。しばらくして、タイにいるEvaから電話がかかってきた。日本に行く予定だったが急用で行かれない。航空券があるので代わりに日本に行ってみないかという。Timに相談すると、それはいい話だと言って賛成する。Menaはタダで航空券を手に入れることになった。バンコクでMenaを迎えたEvaは一緒に買い物に行き、そこでMenaはスーツケースを買う。Evaがスーツケースに荷物を詰めるのを手伝ってくれた。Evaからもった航空券で羽田空港に到着すると間もなくして荷物に薬物が入っていることが検出され、Menaは逮捕、日本で4年半日本の刑務所に拘束される結果となった。

(名前は仮名、ビデオは俳優が演じています。しかし起きた事件は本当にあったことです。)

 

 

 

ドラッグミュールにされる危険は、リアルで会える相手との関係だけではありません。リブログいたしましたのは前にかいたニュース記事、ニュージーランドの女性がドラッグミュールにされて逮捕された話。この女性の場合は、上記のシンガポールの話とは異なり、実際に会ったことのない相手に騙されてアルゼンチンから薬物の入ったスーツケースを持ち出そうとしたことで逮捕されました。

 

 

このニュージーランド人女性の話をもとに、創作してみました。下の画像のストーリーは日本人女性がタイに彼氏の荷物を取りに行く。返ってくると空港で逮捕されるというもの。この絵は創作ですが、実際に起こり得る話です。

 

 

そして、ナイジェリア人と交際していた女性が麻薬の運び屋をさせられるという事件は実際に発生しています

 

こちらはごく最近のケース。http://time.com/538…/australia-smuggling-cocaine-high-heels/ 

オーストラリアTIME、2018年9月7日
 

米国のロマンス詐欺被害者の女が靴の踵にコカインを隠してオーストリアに入国し逮捕される。

7年半の実刑判決となった。Denise Marie Woodrum(51歳)は2017年8月にシドニーの空港で逮捕されました。1キログラム以上のコカインを靴のかかとに忍ばせていたのです。彼女は靴は母親へのプレゼントだったと主張。彼女はネットで知り合った“Hendrik Cornelius”を名乗る男と恋愛関係になり、Corneliusのために荷物を運んでいたという。WoodrumはCorneliusに金銭的利益をもたらしていて、弁護士が彼女は詐欺師に騙されていたのだと主張。しかし裁判官はWoodrumが自分自身の逮捕を反省したり悔やんだりすることもなく、他人に責任転嫁をする態度をとえることから弁護側からの減刑の要求は却下。

 

会ったことのない男とインターネット上で恋仲になり、相手の指示に従って薬物の運び屋にさせられるケースがしばしば報告されています。

マネーミュールなら情状酌量で口座凍結くらいで済みます。しかし薬物を運んだ場合、実刑が待っている。そして主犯は安全な所で捕まらない。非常に腹立たしい状況じゃないですか?

 

 

相手がリアルでも、ネットでしか知らない相手でも、美味しい話(無料の航空券など)が絡んでいたら、絶対に怪しむべきです。相手から託された荷物に薬物が入っていることが見つかる国によっては、終身刑や死刑が待ち受けています。