だれ得海外ニュース

テーマ:
アメリカの元プロレスラー、人間発電所ことブルーノ・サンマルチノ(82)のさんが亡くなりました。

WWEの前身WWWFの世界ヘビー級チャンピオンに長く君臨し、WWE殿堂入りを果たした伝説のレスラーです。

戦後、父の後を追ってアメリカへ移住。
イタリア移民で英語が話せず、病弱のため、高校時代にイジメにあいました。

そこで、レスリングとウエイトリフティングを始め、アマレスでオリンピック代表にあと一歩まで迫り、プロレス転向で見事に世界チャンピオンに上り詰めました。

89年、試合は真剣勝負でなくショーだとWWEのコミッショナーが公式に認めましたが、彼は八百長はなかったと決して譲りません。

「骨折の数なら誰にも負けない。首、腕、手首、あばら…自分の体が何よりの答え」

また、昨今の過剰な演出や筋肉増強剤の使用を憂いてもいました。

人一倍、汗をかいて作り上げた偽りのない鋼の鎧が、全てを物語っているかのようです。

{3AA598A5-70EE-43D5-BBF4-3B70B8712759}
1960年代プロフィール写真。キン消しみたい