§18の2 縁(えにし)

 

いろいろな人との縁が絡んで

自分は縄の世界に

足を踏み入れました。

 

今思えば、若気の至りとも

若き日の思い出とも

言えなくはありません。

しかし、当時は全て

自分の記憶から消し去りたい

自分の 「黒歴史」 でした。

 

過去に、そして現在に

自分に縛られたことのある女性は

この話の延長線上に

存在しています。

 

 

当時、自分がお世話になった方々も

もう、かなりの方が

お亡くなりに、なられています。

上久保ちゃんは、本当に早かったでした。

 

風の噂に、若手とお姉さんが

結婚されたという話も、聞きました。

 

ママの店があったところも

今はもう、街の再開発で、見る影もなく

変わってしまっています。

 

 

人であれ、何であれ

 

時間が流れている以上

出会いがあれば必ず

別れがあります。

 

思い出とは、思い返して楽しんだり

懐かしむための、ものではなく

 

それが涙であれ、哀しみであれ

あるいは、悦びであれ、苦しみであれ

 

人が一生懸命に生きたことの証し。

それを最終的に 「感謝」 に

還元出来たものの、総称です。

 

誰が評価するものでもありません。

評価者は、自分です。

 

その人が一生懸命に

取り組んだものであれば

それだけで十分

尊いものだと思っています。

 

 

思い出を作るために

人は生きているのではありません。

 

思い出は結果に過ぎません。

 

大事なことは

 

その日その日、1日を

今日を、そして 「今」 を

一生懸命に生きること。

 

 

 

【終わりに】

 

長々と、ここまで、ド素人の稚拙な駄文にお付き合い下さり、誠に有難う御座いました。

文章校正時の参考にしたいので、

ご意見やお気付きの点、率直なご感想、ご助言等御座いましたら、忌憚なくお寄せ下さい。

どうもありがとうございました。

 

―――――――――――――――――

 

次を読む  前に戻る  始めから読む

 

    ↓ ポチッ とお願いします♪

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
    にほんブログ村テーマ 不倫のカタチへ
不倫のカタチ
    にほんブログ村テーマ いつでも・・・初舞台へ
いつでも・・・初舞台