こんにちは!バイリンガル・アカデミーです。

つい数週間前はバレンタインでしたね!皆さんはどんなバレンタインデーを過ごしたのでしょうか。また、巷では毎年様々な趣向が施されていて、面白いものがありますよね。一方でバレンタインというイベントに関して賛否両論ありますが『イベントを楽しむ』という意味では、私は毎年バレンタインデーを楽しみにしています。

さて、今回こちらでご紹介するのは、どういったチョコレートを作り、告白すれば成功するのか?ではなく、インターナショナルスクールについてです!お子様をインターナショナルスクールに入学、編入をご検討されている方、必読です!

前回は西町インターナショナルスクールについてお話しました。<part.1><part.2><part.3>

今回は、日本における最初のインターナショナルスクール、創立100年以上、生徒数、知名度共に高い、日本最大規模を誇るインターナショナルスクール、“アメリカンスクール イン ジャパン”です。各界で活躍する有名人の出身校でもあります。音楽業界では、ジュディ・オング、宇多田ヒカル、芸能界では早見優や川平兄弟も、このスクールの卒業生です。

$インターナショナルスクールのすべて

~アメリカンスクール・イン・ジャパンの歴史~
1902年に創立されたこのスクールは、現在調布と六本木にキャンパスを構えていて、40カ国からの計1400人の生徒が在籍しています。創立当初は築地に設立されており、日本における最初のインターナショナルスクールです。数あるインターナショナルスクールの中でも最も歴史が古く、長年尊敬されてきたスクールでもあります。その後、第二次世界大戦による日米間の国交絶断により、敢え無く一時的に閉鎖。しかし直ぐに再開し、現在に至ります。長年、信頼度、知名度を得ている理由の一つとも言えるでしょう。

また、このスクールでは“他者を思い遣り、勉学に強い好奇心を持ち、世界的に責任が持てる人材を育成する”というスローガンを掲げています。そして、アメリカンスクール イン ジャパンならではの“教育理念”を掲げています。

この“教育理念”。実はインターナショナルスクールへ入学、編入時の親御様の面接の際に、スクールの教育理念をしっかり理解しているのかが問われます

インターナショナルスクールのご紹介シリーズを既にご拝読された方には、繰り返しのお伝えで恐縮なのですが、インターナショナルスクールへの入学、編入時の親御様の面接の際、必ず問われ、重要視されるのがこの“教育理念”なのです。多数存在するインターナショナルスクールですが、各校それぞれ異なる理念や目標を掲げています。これらを理解しないことには入学は勿論、お子様を通学させる際に不安要素になってしまうと思います。スクール側は、この教育理念の理解を求めていますし、親御様もお子様をスクールに通わせる際、どういった教育理念の基に生徒を教育しているのか理解していないと、お互いに相違が出てきてしまいますよね。また、数あるインターナショナルスクールの中でも、どのスクールが合っているのかの判断基準にもなると思います。

それでは、このアメリカンスクール・イン・ジャパンでは、どの様な教育理念を基にしているのでしょうか?

後編にて詳しくご紹介しますので、そちらも是非ご一読下さい!

弊塾では、インターナショナルスクールへの編入サポート及び、
インター生のサポートを行っております。
インターナショナルスクールに関するご質問等がございましたら、
お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。
また無料体験レッスンも受け付けておりますので、是非一度体験してみてください!