足の痛み・お悩み解消☆東京浅草橋足裏専門店

足の痛み・お悩み解消☆東京浅草橋足裏専門店

足底筋膜炎・外脛骨症・踵骨骨棘・外反母趾・扁平足・タコ・ウオノメ・足の疲れ・足の痛みお悩み解決専門店クイスクイスのブログです。

いつもの靴に入れるだけ! 

あなたの靴を『魔法の靴』に大変身♪


オーダーインソール専門店 『クイスクイス』


【ご予約】

tel:03-6231-4255

【住所】

東京都台東区浅草橋3-5-8-1F 道案内はこちら



テーマ:

足裏コンシェルジュの逸見裕子(ヘンミ ヒロコ)です。

足元を整えることは全身の姿勢、エネルギー状態をとても効果的に整えるポイントです。

 

足元の重要性と整え方情報

足元を整えられるインソール

付きのムック本を出していただきました。

 

全国の書店でお手にとっていただけます!

 

ネットでもご購入いただけます!

Amazon

楽天

 

付録は編集部でもとても好評いただいているそうで、コスパ最強の力作となっています^^

 

 


テーマ:
インソールで人生を100倍楽しくする!
足裏コンシェルジュの逸見ヒロコです^ ^
 
 

 

お盆に里帰りされたり、お墓まいりをされたり

ご先祖様を供養するとても大切な期間ですね。

 

 

{2BFDCB32-7182-45EE-88E5-14E9C50B5C13}

 

 

さて、お盆の由来についてです。

 

 

お釈迦様の弟子の一人に目連という方がいました。

とても優秀で、裕福な生まれで母親は目連をとても可愛がり高価な僧服を与えたり常に目をかけていました。

 

 

 

母親が亡くなった後、不思議な神通力にも通じていた目連はあの世を透視し母親を探します。

するとあろうことか餓鬼道に落ちていたのです。

 

 

 

目連はお釈迦様に

「なぜ、とても優しかった母が餓鬼道などにいるのか?」と問います。

 

するとお釈迦様は

「お前の母親はお前可愛さに、お前のことだけは可愛がるが、他に愛を与えない慳貪(けんどん)の罪を犯していた。そのため餓鬼道に堕ちてしまったのだ。」と言います。

 

 

 

お釈迦様はまた慈悲深いため、目連とその母親を救う方法も教えてくれます。

 

「(旧暦の)7月15日には厳しい90日間お修行を終えた僧たちが帰ってくる。お坊さんたちにお供えをして供養しなさい。そして、自身を祓い清め、自分の執着を外して母親だけでなく同じく餓鬼道で苦しむ人たちのことも思いなさい。お坊さんたちは喜んで供養してくれるだろう。そうすればお前の母親も救うことができるだろう。」

とおっしゃいました。

 

 

 

そしてその教えを実行したところ、不思議なことに餓鬼道の苦しみから救われた。というのがお盆のいわれだそうです。

 

……………

 

お盆のいわれって奥深いな~と思いました。

私が面白いと思ったのは「慳貪の罪」についてです。

 

母親が自分の子供を可愛がることは当然で、良いことのように思われますが、自分の子供にだけというとても狭いエゴが働いているとそれはとても罪深い。

 

 

 

ちなみに、エゴが働く心持ちと足の裏には深い関係性があります。

 

 

特に、足の冷えには真夏でも気をつけていただきたいです。

 

 

何しろこの世は愛のエネルギーで回っていますから、狭い考えや心持ちは、愛の反対方向へのベクトルが進むわけです。

そのエネルギーベクトルは体温に顕著に現れます。

 

 

足が、冷えている。

脚に虫刺されが多い。

 

そういう時は要注意です。

「足を引っ張られる」とかも同じです。

 

 

 

愛に生きると足がとてもポカポカ、芯から温かくなります。

一方で、足を温めると心もポカポカ、愛の感情を抱きやすくなります。

 

 

 

心と体と魂は、常に響きあう存在です。

 

 

 

足もとをしっかりと温めて、偏執的でない広い愛に生きられたら人生はますます楽しくなると思っております。

 

 

 


テーマ:
インソールで人生を100倍楽しくする!
足裏コンシェルジュの逸見ヒロコです^ ^
 
 
今月号の『致知』に掲載頂いています!
{A3A1A3A7-4C35-40C6-A57B-04BC86870E9F}
 
足裏の専門家として取材頂き、
【足の裏から健康になる】
〜からだの不調を改善する歩き方、ケアの仕方〜
という形で3ページに渡り掲載頂きました。
 
 
『致知』と言えば人間学の塊のような素晴らしい雑誌…。光栄の極みです。
 
 
致知にも度々ご登壇されていらした、坂村真民先生の大好きな詩があるのでご紹介いたします。
 
 
……………………
 
尊いのは頭でなく
手でなく
足の裏である
 
 
一生 人に知られず
一生 きたない処と接し
黙々として
その努めを果たしてゆく
 
 
足の裏が教えるもの
 
 
しんみんよ
足の裏的な仕事をし
足の裏的な人間になれ
 
 
頭から光がでる
まだまだだめ
額から光がでる
まだまだいかん
 
 
足の裏から光がでる
そのような方こそ
本当に偉い人である
 
……………………
 
道のりは程遠いですが、こんな志事ができたら最高です。
 
 

テーマ:
 
 

クイスクイス インソールというのはブランド名なのですが、会社の名前は『日元倶楽部』(ニチゲンクラブ)です。

 
 
足裏から日本を、世界を元気にする会社にしたい‼️という思いでかなりシブい社名となりました。
 
 
私は足裏から自分自身が元気になることで、
本当の笑顔がだせるようになりました。
人の役に立って生きたいという思いが、行動に移せるようになりました。
 
自分自身が元気でいられる事というのは、家族や友人を幸せにできる、とても大きな財産だと思っています。
 
 
 
クイスクイスには海外からのお客様も時々お見えになります。先日はドバイの隣の国から…だそうです。
拙い英語に熱いパッションだけでコミュニケート取らせて頂いています^^;
 
………
 
 
1番目のお兄さんの足裏に歪みがあり、扁平で痛みもおありだったことがキッカケでご来店頂いたご家族。
 
足裏を見させて頂くと、仙骨の不調、腸の不調もみてとれました。
 
お嬢さんの足裏からは生理痛と腰痛が。
 
2番目のお兄さんの足裏からは、膝と股関節の不調。
 
お母様からは婦人科系の大きなトラブルと首の強い張りがみられました。
 
足裏という土台を読み解きつつ、お話しさせて頂きます。
身体全体がここまで足裏と密接に結びついていることに驚かれていました。
 
 
足裏から少しでも日本を、世界を元気きできるならとても幸せな事だと改めて実感いたしました(o^^o)
 
{AB099CAC-8E7E-4DDC-BDAF-DEC193B5FA1B}

 

テーマ:
先日、アイスホッケー日本代表の蓑島圭悟さんがご来店くださいました(o^^o)

{D0523C84-60FC-4373-97B4-70CB56C10E40}

とってもサワヤカなイケメンの蓑島さん‼️

{850A8E1E-56D2-48A0-AF73-0022FE2B259D}

アイスホッケーというかなりハードなスポーツを始められたのはナント5歳の頃!

益々パフォーマンスが上げられるように、オーダーインソールをお作りさせて頂きました。


フィギュアスケートの選手にも度々オーダーインソールをお作りさせて頂いていますし、アイスホッケー用にお作りさせて頂いたケースもありますが…
日本代表クラスの選手は初で…いつも以上に氣合いが入ります。


海外への遠征などでは1ヶ月という長期で滞在されることもあるご様子。


ミーハーな私もコレを機会に、アイスホッケーの観戦に行ってみたいな〜などと思っています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス