無印良品 エイジングケア 高保湿クリーム 成分分析 | ◆◆敏感肌でも使える 化粧品の開発◆ママ研究者の美容日記

◆◆敏感肌でも使える 化粧品の開発◆ママ研究者の美容日記

美容業界に15年以上携わるママ研究者が
敏感肌化粧品の実力を成分分析から紐解きますよ♪
ぜひ、化粧品選びの参考にしてください。


テーマ:

だいぶ空気が乾燥してきて保湿クリームを探す方も増えているのではないでしょうか?

 

今回は無印のエイジングケアシリーズの「高保湿クリーム」の成分分析をしてみたいと思います。


{E3D9C135-EEB8-4F9C-A82C-82412A69EBCC}

45g
1600円(税込)

 

 

無印のコスメライン♪すごいですね~

 

エイジングケアシリーズ、バランス肌シリーズ、敏感肌シリーズ、オーガニックシリーズ・・と4つもラインがありそれぞれ

ローションやらクリーム、オールインワンジェルなど充実のラインナップですニコニコ

 

先日、有楽町の店舗に立ち寄りましたが圧巻の品ぞろえ!!

コスメブースではテスターも充実しておりついつい長居してしまいましたルンルン

 

 

さて、では成分分析いきますよー♪

 

まず全成分はこちらです

 

水、シア脂、オリーブ油、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、ミツロウ、水添ポリイソブテン、PEG-32、ベタイン、ベヘニルアルコール、ローズ水、ステアリン酸PEG-75、ポリソルベート60、シクロペンタシロキサン、ザクロ果実エキス、キイチゴ果汁、アンズ果汁、モモ果汁、レモン果汁、センチフォリアバラ花エキス、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ラベンダー花エキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、ペカン殻エキス、スクワラン、ジグリセリン、トコフェロール、BG、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

 

 

 

こちらのクリームは成分の1〜9番目で全体の99%を占めている事が推測されます。

 

1、水

2、シア脂・・シアの果実から採れるオイル

3、オリーブ油

4、グリセリン・・水性の保湿成分

5、ステアリン酸グリセリル・・非イオン界面活性剤(乳化目的)

6、ジメチコン・・シリコーン(よりコクのある使用感にする目的で配合)

7、ミツロウ・・ロウ(ミツバチの巣を構成するロウを精製したもの。高保湿)

8、水添ポリイソブテン・・合成のオイルで粘度調整のため配合

9、PEG-32・・合成の水性保湿成分

 

 

 

シア脂とオリーブ油の油脂

 

 

水とグリセリンの水性ベース成分

 

水と油は混ざらないので、非イオン界面活性剤で乳化(混ぜます)しています。

 

プラス

 

粘度調整をする成分、製品の使用感によりコクを持たせる成分でほぼできているクリームです。

 

 

10番目から下は全体の1%と思われる訳ですが、なぜそれが分かるかというと・・

 

 

 

10番目に位置しているベタインに着目してみましょう。

 

ベタインは植物成分から採れるアミノ酸なんですが、キロ単価が高いんです!

 

 

税込1600円のクリームに大量に入れられる訳がない成分なんですねー。

 

こちらの成分は何社もの成分屋さんで取り扱いされていますがどの成分やさんに聞いても

 

配合できるパーセンテージは0.5~1.5%との回答が返ってきます。

 

多くてもクリーム全体の1.5%しか入れられない成分なんです。

 

 

・・以上の理由からベタイン以下は1%位だということが推測できるわけです。

 

 

成分11番目、13、14番目の

 

べへニルアルコール

ステアリン酸PEG-75

ポリソルベート60

 

以上3つはおそらく乳化の助剤です。

 

 

そして16~30番目の植物エキスや機能性成分は、残念ながらコンセプト配合程度かなと思われます。

 

 

 

33番目のBGはかなり後ろの方に記載されている事から、植物エキスなどを抽出溶媒として使用されたキャリーオーバー成分です。

 

 

キャリーオーバー成分というのは・・

 

エキスなどを抽出される際に使用されたり、原料を安定させる目的で配合したりする成分(アルコール、安定剤、酸化防止剤、防腐剤など)です。 化粧品の全成分表示義務がありますがキャリーオーバーとして使用した成分は表示しなくても良いという特例が設けられています。

 

 

 

 

そして最後に登場する

 

フェノキシエタノール

メチルパラベン

プロピルパラベン

ブチルパラベン

 

以上は皆さまご存知の防腐剤です。

 

パラベンは旧指定成分と言って昔、まだ全成分表示義務がないころに

アレルギーなどの害が起きやすい成分だから表示しなさいね

と義務づけた成分です。

 

パラベンが入っていないから安全、無添加化粧品だ・・など

 

未だにこういった風潮がありますが、業界ではとっくに古いお話になっています。

 

今と昔では技術が違います。

 

ですから、パラベンが入っているから・・と必要以上に警戒する必要は無いのではないかと私は思うのです。

 

 

1・・敏感肌に安心

10・・敏感肌にはかなり刺激が強い

 

1~10で刺激度を見たとしたら・・

無印のエイジングケアシリーズの高保湿クリームは

4程度に位置すると思います。

 

刺激度★★★★(星0が刺激なし)

 

理由としては私自身がつけた時、気持ちヒりっとしたから・・

という点と

 

14番目の成分

非イオン界面活性剤のポリソルベート‐60が若干刺激になりやすいかな、という点

 

植物エキスが微量ながら種類がたくさん入っているのでとても敏感な方は反応してしまうこともあるのではないかという点です。

 

使用感としては、コクがありつつかつ伸びも良く、変なにおいもしないし使いやすい商品だと思います♪

 

 

 

成分分析依頼受付開始します♪

日ごろお使いの化粧品の特徴、刺激性や毒性を知りたい方!

 

分析までに時間がかかるかもしれませんのでご了承いただける方、よかったらメーカー名と商品名をお知らせください爆  笑

 

 

開発させていただきました爆  笑ルンルン「敏感肌用コスメシリーズ」

 

 

翌朝おどろきの違い♪浸透するオイル  こうね馬油

https://biken-factory.stores.jp/items/58226fb5a458c01d6100304c

~人の皮脂に極めて近い天然成分。浸透するオイルで美肌へ~

こうね馬油  8,640円→2,980円送料込みでお試しできます

image

 

 

 本日の敏感肌カテゴリーブログランキングは・・?!

 

にほんブログ村

 

 


敏感肌 ブログランキングへ

 

 

 

 

ぬまたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス