一色です

 

このところ、漏水による被害の修繕工事が立て続けに依頼がありました

 

漏水は、原因がなかなか分からなく、修繕もスムーズにいかないときがあります

 

ほとんどが、入居者様ありで日程の調整も大変です

 

上下階の入居者のご都合を合わせての工事となります

 

天井の上、コンクリートスラブから全体に水がしみ出てきています

 

上の階の洗面所の床です

床下地の木材はほとんど腐っていました

 

原因は、洗濯機排水トラップの劣化による破損と、浴室床・壁立ち上がりの防水切れの二か所からでした

二か所からとは想定できず、かなり手間取りましたが、何とか漏水は止まりました

 

 

 

屋根からの漏水です

最初は換気ガラリ廻りからかと思っていたのですが、屋根上で確認すると、屋根材の劣化で雨水が侵入していました

以前の改修工事で屋根塗装をしたときに、全体塗りつぶしをしていたため、水の抜ける所(屋根材の下の部分)が塗料でつぶされて、水が抜けずに漏水となっていました

屋根材を除けると水がびっくりするくらい出てきました

単純に塗装をすれば良いというものではありません

塗装をした後に水の抜ける場所は塗装を切っておかなければいけません

※前回工事は、ビケンではありません

 

一年後に全体大規模改修があるとのことなので、今回は部分応急処置としました

 

 

ベランダ天井クラックからの漏水です

 

この場合は原因がはっきりしているので、施工箇所はわかります

 

止水材高圧注入で下からクラックを補修して、上階のベランダの床の防水工事で大体止まります

 

 

 

飲食の店舗客席の床です

カーペットタイルを除けると、床下地合板は腐っていました

 

この部屋は半地下になっていて、外部の土間より室内の床が下がっています

外部側は隣地建物と接近しているため、施工箇所の判断が難しいです

 

外部雨水会所の入れ替え、壁クラック補修、コーキング打ち替え、通路床・壁立ち上がり防水

以上を施工してみます

漏水が止まる確率の高いところから施工しますが、必ず止まる保証はありません

建物オーナーと協議して今回の施工でいくこととなりました

工事費用の事もあるので、オーナーは大変だと思います

 

 

押入の天井です

 

ずいぶん前からの漏水で、気づかずに、カビだらけでした

上階の浴室からの漏水と考えました

 

やはり天井裏のコンクリートスラブから水がしみ出ていました

 

原因は浴室カランからの漏れで、カラン交換で止まりました

 

 

漏水は、原因調査が大変で、施工も手間取りますが、

 

工事施工で漏水が止まると、めちゃくちゃうれしいです

 

古い建物はいつか漏水が起こります

早い段階で直していって、手遅れにならないようにしていかないといけません

 

ビケンは経験と技術で漏水修理をおこなっていきます