五箇伝

テーマ:
山城伝
作風 来派の刀は反りの中心が刀身の中央にある輪反りである。
その美しい反りは神社の鳥居を想わせるところから、鳥居反り、笠木反りとも称される。
地鉄は枚目肌が詰み、地沸が微塵について、地沸映りが立っことが特色である。
刃文は直刃で小沸か深く、刃中に足が入る。

次回は備前伝


        岡林です
AD