学生にとって要注意な病棟 | test

test


テーマ:

今の病棟はとても興味深い分野だけど、現在の病棟は要注意病棟。まず、初日2日間だれがメンターが、知らされていない。教育担当が夜勤のため、ファイルを見ることができないと。シスターさえも、わからないらしい。ゆえに、シフトも1日ずつもらった。あまりにもひどいので金曜日のシフトは自分できめたら「いいよー」だと。


学生が4人、すべて私のクラスの子達が配属されているけれど、だれもまだ投薬をまともにやらせてもらっていない。この病棟では投薬とオブザベーションを同時にやるので、学生は検温や血圧測定などのオブザベーションに回される。が、私達は全員大学3年生。NMCが新しく導入した投薬能力の書類にもサインをしてもらわなければいけない。投薬はやらなければ、いけないのだ。


さらに、金曜日は早番だったにもかかわらず、サポートケアワーカーが一人もいない。金曜日はまともなナースの仕事なんてほとんどしないで、シーツ交換、さらには床のモップ拭き、など完全学生はサポートケアワーカーとして使われた。まだ初期面接もおえていない。


今週は「毅然とした態度」で臨むこと!「これやらせてください」と言っても、「今は忙しいから」のやりとりで終わったので、シフトの前にちゃんと「今日はこれこれをやります」といってみよう。3年生の大事な時期に、これでは本当にまずい。まず、ぜーったいに今日は初期面接をしてもらい、自分の学習目標を聞いてもらう!

testさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス