鈴鹿8時間耐久ロードレース行ってきました! | PADDOCKのスタッフもぼやくよ!

PADDOCKのスタッフもぼやくよ!

静岡で国産4メーカー・DUCATIを販売しているPADDOCK&Kawasaki PLAZA焼津です。


テーマ:

皆様こんにちは!

カワサキプラザ焼津セールス五條です!

今年も入手困難なV2チケットをGETできた方々

行ってきましたよ!

 

鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018

 

  でっぱつ

“出発”前にパドックで集合写真。

   

鈴鹿サーキットに着いてテンション最高潮!

カワサキプラザ焼津から毎年恒例の

チームグリーンTシャツを皆にプレゼント!

お揃いの格好でサーキット入場!

日光が暑かったですが我々も熱くなってます!

 

入場ゲートをくぐりますとKawasakiから記念品を頂きます。

今年はアイバナーとフラッグ、フード付きタオルとサイリウムでした。

 

 

今年はチームグリーンに世界最速の男、ジョナサン・レイが参戦というニュースで世界中が注目していました。

前日のタイムアタックで鈴鹿ベストタイムを更新し、

怪物ぶりを見せてくれました。

生のジョナサン・レイにとうとう会える!とテンションMAX!

 

 

この席で観戦!V2席はずっと日陰

だから最高!ビールが美味しい!

 

 

 

いったんセールス中村とイベントブースへ。

色々見て周りました。

Kawasaki最強のライバル、

 YAMAHA YZF-R1 

この車体は2016年度の8耐チャンピオンマシンだそうです。

バックステップの位置で8耐マシンのイカれたバンク角に恐怖を覚えます・・・

 

 

カワサキレディーが盛り上げています!(遠い)

写真撮りませんでしたけどやっぱ今年も

トリックスター「エヴァンゲリオンレーシング

が一番カメコに囲まれていましたね。

 

さあスタート近く!会場のボルテージはMAX!

 

この臨場感!

生レイ見えた!

ちなみにうちの祖母もレイって名前!w

Kawasakiの旗を皆で振ります!

 

コース全長 5.821km を2分数秒で周ってくるという異常な

速度域のレースを真夏の気温の中、8時間集中力を切らさずに

一番多く周ったチームが優勝、という、聞くだけで過酷なレース。

ライダーなら参戦ライダー、チームと全てに敬意を払ってしまうのが

鈴鹿8時間耐久レース。

 

 

マシンのエグゾーストノート、観客の大歓声と

ブブゼラ、実況の声、一回でも生で観てしまうと

レースはTVではなくサーキットで観るものだなー

なんて贅沢な考えになってしまいます。

できる限り行ければ、ですけど・・・・

 

 

8耐名物

ル・マン式スタート

 

エンジン切ってのスタンバイの為、普通のレースと

違いスタート前にマシンの音が一切なくなります。

大盛り上がりの会場が、スタートカウントが始まる

瞬間に静まり、実況のカウントコールを会場一斉に叫びます!5、4、3、2、1、「スタート!!」

のカウントとともに一斉にエンジンがかかり、爆音の中猛スタートをきる様は是非一回観て欲しいです!

 

 

他の席も回りながら観戦。

速すぎてちゃんとしたカメラじゃないと

ただの影ですわ・・・・w

 

このストレートへの立ち上がり。

現代マシンなのにフロント浮いちゃってますww

 

 

 

 

って感じで周りましたよ!

 

結果は・・・流石でしたね!

 

来年こそは

チームグリーンが優勝でしょう!

 

セールス五條

パドックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス