Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

パリ近郊で、ヨーロッパビーズやスワロフスキーのアクセサリーを製作、販売しています。グルーデコ®のアトリエも毎月開催中。


テーマ:

こんにちは、



気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー、
『Kiraméki 』です。



気温上昇の中、パリのmusée des arts décoratifs で開催中のChritien Dior の展示会を訪れました。



メゾン創立70周年を祝うこのエクスポジション、現在までの各時代の7人のデザイナーの300点の作品が展示されています。



{FF47A3B9-9A35-4F21-93DD-858E8DB89D49}


入り口正面では、モノトーンの主に冬服が迎えてくれます。



{EA8DF847-2293-4B12-861E-7EEA53A44839}


1950年代後半のDior。


{E6BC27CD-D869-46F0-888A-294FF9632D6D}


クリスタルスワロフスキーをふんだんに用いて、サテンとチュールで仕上げたローブ。


1958年の春夏コレクションです。



1957年に、若干21歳でアートディレクターとなった、Yves Saint Laurent からは、フェミニンで繊細さを感じます。


{7865F1D3-85F6-46E2-8AB5-8572B6D61508}


スワロフスキーが鏤められている右から二番目のバルーンスカートのドレスは、オードリーヘップバーンが、映画で着用していた物。



{A8C2FAB3-7B28-4B89-AD05-E8139253103E}



{78B17B65-D306-4940-81B2-0F454E449F14}

背面に施されたシルバーグレーのクリスタルの滝のようなラインが、リボンでキュートに。



その後、Marc Bihan が1989年まで務め、Gianfranco ferré が1996年まで、


{5489EEF1-107C-4021-B15B-DD10AA147C79}

(1990年春夏コレクション 総刺繍のロングドレス)



1997年にJohn Gallianoが総ディレクターとなった際には、"エキセントリックなパンククチュリエ"とジャーナリストから批判されたようですが、



ジブラルタル出身の彼の素朴さは、幻想的な創造力と、伝統的なオートクチュールへのリスペクトとが融合して、皆を驚かせたのです。(解説訳)



{5DBDC7D5-705A-4D32-B869-07D2AECB7C95}


新聞紙柄のパンツですよ〜


{A5CA5A49-5624-43FD-A369-C0520EE9748E}


2015年春夏コレクション、Raf Simonsのクリスタルスワロフスキーがたっぷり使用されたドレス!



シンプルな形だから生地が引き立つのですね〜



もちろんわたくしは、宝飾品を中心にじっくり観させていただきました。



特にドレスに合った、ビジューの使い方に注目しました。




腰のあたりにキラキラベルトが有ったり、
真っ黒のベルベットのロングドレスに、高い位置にゴージャスなチョーカーをつけていたり。。。



写真が載せきれない!



暗めの照明の中でも、スワロフスキーは本当に綺麗に輝くのです!!



{DB9278EF-A353-4FA8-8878-35BB4EB79385}



2016年からはMaria Granzia Chiuriが、初めての女性ディレクターとなり、上品な優しさが戻ってきたよう。。。



{045F32FD-2CD1-4E9A-842D-DFB0F5278FD0}


白いシュミーズの型だけでも、途方も無い数ですね。


{1E8FD09F-B0A3-42A4-B761-AB55B74EFDE9}


1人の女性がデモンストレーションしていました。


1番濃度の高いParfum だけが、瓶詰め後に手作業でワイヤー留め、リボン掛けされているそうです。


{18F5BFAD-A64E-44E9-ABE2-72CC5A4EEE4E}


この" Miss Dior"で4巻ワイヤーが掛けられ、"J'adore "は12巻。


それぞれの瓶に合った色のリボンが、片方結びで掛けられてゆきます。


{37CF7FD2-992F-4C9E-A24B-C76AA39C5FDC}

下から初代Diorの作品。


{6187C8A8-23A5-40E5-9444-0EDCA39D7E44}


煌びやかで、イマジネーションに溢れた作品を前に、時間旅行をしたかのような、ふんわり夢心地を味わいましたよ。


会場演出も凄い!


まるでデフィレに参加した気分^_^


このDiorの歴史を覗く展示会は、来年1月7日まで開催されています。



平日でもかなりの行列なので、チケットを前もって購入することをお勧めします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

Kiramékiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。