雑誌「美人百花」と「andGIRL」その内容がそっくりの理由は? | 美女のたたずまい なぜ彼女は美女と呼ばれるの?

美女のたたずまい なぜ彼女は美女と呼ばれるの?

日々の生活、海外国内を問わないセレブや芸能人の動向、歴史を彩った美女たちを数千名観察して、美女と呼ばれる生き方、幸せな人生をおくるための選択、などなど あなたという女性が、美しく幸せに生きるための知識・技術・考え方をお伝えいたします。


テーマ:

こんにちは。大野梨咲(りさ)です。


美女のたたずまいブログへようこそ。お初めての方も常連の方もゆっくりしていらしてね。


今日はファッション雑誌のお話をさせていただくわ。


以前「andGIRL」という雑誌が創刊された話をさせていただいたことがあるのだけど(⇒★ )、昨日創刊3号めの1月号を買わせていただいたの。

and GIRL (アンドガール) 2013年 01月号 [雑誌]/著者不明
¥620
Amazon.co.jp

表紙を見てあら?中身を読んでうん?と思ったわ。


何を思ったか、ですって?


以前読んだ「美人百花」と内容が一緒だったの。違う雑誌なのに・・


私はこの「美人百花」が醸しだす、オフィスルールもなんのその、華やかで人生を楽しんでいる女の子の雰囲気が大好きでちょくちょく買っていて、この吉川ひなのちゃんが表紙の1月号も買っていたのね。


美人百花 2013年 01月号 [雑誌]/角川春樹事務所
¥620
Amazon.co.jp

でもこの美人百花にはあんまりパワーがなくて、どうしちゃったのかな?と思っていたらそっくりそのパワーあふれる内容が「andGIRL」に移行していたの。


これは編集長が移られたのね?


と思って雑誌の裏表紙をよく見てみると、以前の「美人百花」と「andGIRL」の編集長は和田知佐子さんと言う方で一緒、やはり私の推測通りみたいよ。ネットで検索してもそうあったわ。


だから以前の「美人百花」がお好きな方は「andGIRL」へ移行されるといいと思うわ。


今月号の「美人百花」は目次は以前と一緒なのに内容には本当にパワーがなくて哀しいくらいだったから。編集長の力って大きいのね。


でも「andGIRL」1月号も「美人百花」1月号も私の大好きな開運特集がたくさんなの。


こういうのって好きな人もいれば、「根拠がないんじゃない?」と冷静な方と2種類に分かれるものだけれど、梨咲はそれで気持ちが上がってハッピーな気分になれるのならいいじゃないという考え。


そのハッピーな気持ちこそがラッキーを招くと思っているのでかなり積極的(笑)


ちなみに「andGIRL」で開運No1の神社は伊勢神宮。



美女のたたずまい なぜ彼女は美女と呼ばれるの?
(伊勢神宮内宮の鳥居)



「美人百花」では富士山本宮浅間大社ですって。



美女のたたずまい なぜ彼女は美女と呼ばれるの?
(富士山本宮浅間大社)


中部地区から静岡の富士山本宮浅間大社はかなり行きづらいけれど、伊勢ならまだなんとか行けそうだわ。


こないだ蝶々さんのセミナーで行ったのだけど何回行ってもいいことですもの、時間を作って行こうと思っているわ。


今年もいい年だったのだけれど来年は更に開運を目指しちゃうわブーケ2





大野梨咲 美女のたたずまいさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス