緊急入院してから17日目

手術から8日目

 

つ、ついにこの日が…笑い泣き

 

と、いうわけで待ちに待った退院の日

 

ギリギリまでアルブミナーを点滴。

 

病院で胃カメラ検査を受けに行き

そのまま緊急入院になった時から

ずっと左腕に刺さっていた点滴針もついに抜けて、

左腕解放おばけ

 

看護師さんから、退院してから自宅での生活について説明を受けた。

 

・食事は良質のタンパク質、鉄分摂取を心がける

・バランスの良い食事

・コーヒーや緑茶などの多量の摂取は便が出にくくなるので気をつける

・退院後1週間は自宅で安静にすること

・重いものは持たない

・次回の外来受診時に主治医からの許可が出るまで入浴禁止(シャワーのみ)笑い泣き

・便秘にならないように下剤を内服する

・1ヶ月間は仕事をしないで療養する

・性生活は2ヶ月間は控える

 

などなど。

 

そして、

これまた緊急入院してから右手首に巻かれていた

患者識別のためのリストバンドもパチンとハサミで切ってくれた。

 

これで、腕についていた全ての異物が外れた。

 

特にリストバンドが外れた時の開放感がハンパないおばけおばけ

 

飼っていた犬がリードを外したら

よろこんで走り回っていた時の気持ちがわかった。

 

退院するときはまるで動物が檻から出してもらうような、

 

そんな気分真顔

 

入院期間は約3週間だったけど、

その前の1ヶ月間はほぼ寝たきりで、

病院に検査に行く以外は一歩も外へ出なかったので、

季節感がない。

 

外はすでに上着がないと寒い初冬の2018年11月半ば

 

着替えを持ってきてもらい身支度を整える。

 

術後歩けるようになってからは

むくみ取り靴下を履かなくてもよいとのことだったけど

足のむくみがハンパないので

自ら率先してはいていたむくみ取り靴下のおかげで

太ももはパンパンだけど、

膝下の細さがまた自分史上初ポーン

 

3週間ぶりにパジャマから洋服に着替えた

 

娑婆の世界へと向かうために真顔

 

 

退院の準備ができたらお隣さんにご挨拶。

 

2時間おきにトイレに行く外科の患者さんはは本日外科へと移動

 

お向かいの外人さんは外泊中。

 

そしてワタシは退院。

 

昨夜の騒がしさと打って変わって本日は静かすぎる

4人部屋だけど一人の夜。

 

ゆっくり寝れるといいんだけど。

 

そして

準備万端で迎えに来た家族と病室を出る。

 

担当の看護師さんに忘れ物がないか確認してもらい

 

お世話になりましたーニヤニヤ

 

と元気満々、

でも永遠の別れのように、

満面の笑みで挨拶するも

 

また化学療法やるために来ますよね、

 

感が漂っている看護師さんの対応。

 

またね

 

みたいなゲロー

 

そして

ナースステーションの前に差し掛かって

ご挨拶。

 

するも、

 

みなさん忙しそうで

 

 

 

スルー

 

 

真顔

 

 

あれ?

 

真顔

 

ワタクシ、本日退院しまーすニヤニヤ

 

 

 

 

でも

 

 

 

看護師さんは皆さん忙しそうで、

 

 

興味なし笑い泣き

 

 

 

あれ?

 

 

オペ室に向かうときは地方の町議会議員の選挙運動みたいな激励ぶりだったのに

退院の時は

 

スルー

 

なんかーい

 

まるで落選して用無しの候補者だった人みたいになっとるゲロー

 

退院する時ってみんなそんななの?

 

なんか、

 

想像と違ったわー真顔

 

看護師さんに手でトンネル作ってもらってその中を通って退院していく

 

みたいなの想像してたけどもニヤニヤ

 

さっぱりしてたわー真顔

 

っていうか

 

ほぼ

 

無視だからねー

 

 

ま、いいわ

 

もう来ないもん真顔

 

化学療法なんてやらないもん

 

もう2度と入院なんてしない

 

そう誓った退院の日