術後6日目の午後

 

まだ6日目かーい

 

主治医からの退院のための司令

 

その① レントゲンを撮る

 

ために、初めて一人でレントゲン室へと向かう。

 

ていうか、どこだっけ?ニヤニヤ

 

あんなにたくさんレントゲン撮ったのに(ポータブル含め)

自分の足でレントゲン室に行くの初めてだから道順を確認する。

 

車椅子ルートと歩いて行くルートは違くて

車椅子では裏から(ドクターとかが使うエレベーターなどを使う)だけど、

一人で行く時は表ルートからだし。

 

一人で歩けると言っても、まだヨロヨロノロノロ歩きおばけ

 

しかも、

むくみ取り靴下脱いでからというもの、めっちゃが足むくんで痺れてる感覚。

 

リンパ節郭清してないのに。

 

太ももなんてパンパンで真顔

 

なので、歩けるようになったけどむくみ取り靴下必須

 

でも、

そんなこと言うと

退院の日程が伸びるかもしれないと思って

主治医には言わず真顔

看護師さんにも言わず真顔

 

結局、退院してからも3週間くらいずーっと足はむくんだままでした。

 

 

ヨロヨロしながら無事に一人でレントゲンを撮り終わり、

病室に戻って一息ついていると、看護師さんが呼びにきた。

 

先生が診察するので処置室に来て下さい、と。

 

今戻ってきたばかりなのに

司令その②診察をするをクリアするために

再び処置室へと向かう。

 

ヨロヨロしてるとまだ退院できないと思われるかもしれないので

シャキッと無理して歩く真顔

 

処置室では先程撮ったレントゲンを確認

 

胸水も溜まっておらず、病気になる前の状態に戻ってます

 

と。

 

ばんざーい

 

続いて内診で術後のお腹の中を確認して、これもOK。

 

さらに腹部エコーで腹水が溜まってないかをチェック。

 

この時、

 

あれ?

 

この黒い影…

 

と主治医

 

 

‼️

 

 

まさか滝汗

 

また腹水が…ゲロー

 

とビビる。

 

あ、これは空洞だから大丈夫。

 

と。

 

ふぅ〜笑い泣き

 

あれ?

 

ここにも黒い影…

 

‼️

 

おいこらー

 

いちいちー

 

ビビらせるとかー

 

 

 

まさか滝汗

 

腹水⁉️ゲローゲロー

 

 

ちょっとお腹押しますよ。

 

と。

 

そしてお腹押される。

 

い、痛い…ゲロー

 

え?痛いですか?

おかしいな、ここが痛いはずないんだけどな。

 

と主治医

 

‼️

 

まさか⁉️ゲローゲローゲロー

 

 

これ…

 

便が溜まってますね。

 

と。

 

 

は?

 

 

便?

 

 

便ですって??

 

 

毎日出てます?

 

いえ、出てませんけど…

 

この黒い影は便なので、

ちょっと食べる量控えてもらって、

整腸剤出すんで飲んでください。

 

と。

 

真顔

 

 

ハイ、わかりました。

 

と。

 

とりあえず、

胸水も腹水も溜まってないことが確認できたので、

翌日の朝のカンファレンスで退院について話します、

 

と。

 

で、開腹した傷口に貼ってあった透明のテープを剥がしてくれた。

 

そして、

 

摘出した卵巣と子宮の写真、見ます?

 

と。

 

え。

 

いえいえ、結構です真顔

 

って断ったのにー

 

見たほうがいいいと言ってPCに写真出す主治医。

 

断ったのにー

 

どんだけー

 

そしたら、大きさを比較するためにメスと並べた大きく膨れた右の卵巣の写真が。

 

続いて、左の卵巣と子宮の写真。

 

・右の卵巣が悪性かどうかは手術してもはっきりとしなかった。

・左の卵巣も子宮も綺麗だった

・もし右の卵巣の腫瘍が悪性だった場合、左の卵巣と子宮を摘出しなかったら再手術をしないといけない

・再手術のリスクを考えて、左の卵巣も子宮も摘出した

 

と告げられた。

 

そして、

 

腹水と胸水が合計9リットル以上も溜まって、

 

正直言って

 

命が危険な状態でした。

 

 

と。

 

‼️

 

 

なんですと⁉️

 

 

命が危険な状態でした 

 

 

ですって⁉️

 

マジでー

 

うそでしょー

 

どうりで

 

苦しかったわけだわ

 

納得。

 

 

してる場合か。