先日私のところへ
1通のお知らせメールがきました

Plant -based ラーメン
出店のお知らせ


ラーメンが食べたくても
なかなか外食で
ラーメンが食べられなかった
貴方へ

Plant-basedラーメンが
やってきます


おぉー!
これは素晴らしい❤

どうもこだわりの食材のラーメン屋さんということで
ワクワクした。


たまたま
家族のものが
そこのお店へ行くというので
話を聞いてきてほしい
お願いしたのだ。


スープは
動物性不使用とのこと。
麺は?
と尋ねたら

麺は 少し使用してますびっくり



少し

      
少しでも沢山でも
使用は 使用なのである


少しの段階で

既に

Plant-basedでは
なくなるのである。


あぁ、

なら
ベジタリアンラーメンにては
どうなのだろうか?

もしくは 
野菜だしラーメン
がいい。


動物性を摂らない人たちにとって
1mgも
入れたくはないのである


私も
ペスコベジタリアンであるので
肉及び
肉製品加工品は
香りで わかるし
体に入ってくるのは
拒絶している


万が一
何かのミスで入ってしまったら
泣きたいほど
落ち込んでしまう。


誰のために
提供してるのだろうか?

目的はなんだろうか?

コンタミは避けられないのは
十分理解している中で
わずかな光が
射すと
そこへ走る人の気持ちに沿う

正しい情報と知識を
提供する側
情報を発信する側は
持つべきではないだろうか?


Veganラーメンの
コンセプトがはっきりしている
記事の例
こちら下矢印